小浜逸郎の名言

小浜逸郎のプロフィール

小浜逸郎
著書一覧

小浜逸郎(こはま いつお/1947年4月15日-)は、神奈川県横浜市出身の評論家、著述家。横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、母親が経営していた塾を兄とともに一家3人で運営するかたわら、同人誌『ておりあ』を主宰、1981年に初の評論集『太宰治の場所』を出版。その後、教育論や家族論、学校論、ジェンダー論などを世に問い、評論家として生活人の実感を尊重した議論で支持を得ている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書(共著含む)に「生きることを考えるための24問」「日本の七大思想家」「可能性としての家族」「男はどこにいるのか」「方法としての子ども」「癒しとしての死の哲学」「大人問題 目標喪失した社会を正しく生きるために」「子供問題 学校、家族、メディアに見る子供をめぐる矛盾」「現代思想の困った人たち」「子どもは親が教育しろ!」「善悪ってなに?働くってどんなこと? 14歳からのライフ・レッスン」「死にたくないが、生きたくもない。」「人はなぜ死ななければならないのか」「なぜ人を殺してはいけないのか 新しい倫理学のために」「やっぱり、人はわかりあえない」「時の黙示」「無意識はどこにあるのか」「先生の現象学」「可能性としての家族」「家族はどこまでゆけるか」「人生と向き合うための思想・入門」「これからの幸福論」「人生を深く味わう読書」「人はひとりで生きていけるか 「大衆個人主義」の時代」「間違えるな日本人! 戦後思想をどう乗り越えるか」「いまどきの思想、ここが問題。」「「弱者」という呪縛 戦後のタブ-を解き放て!」「14歳日本の子どもの謎」「正しく悩むための哲学 生きる自信を手にする処方箋」「家族を考える30日」「人はなぜ結婚するのか」「結婚という決意」「人生のちょっとした難問」「人はなぜ働かなくてはならないのか 新しい生の哲学のために」「「恋する身体」の人間学」「なぜ私はここに「いる」のか 結婚・家族・国家の意味」「正しい大人化計画 若者が「難民」化する時代に」などがある。

小浜逸郎の名言集

何かになりたいという欲望は、
そもそも現在何が叶えられていないか
という欠如条件があって
初めて明確な像を結ぶはずである。

そしてまた、
欠如条件をはっきりさせるためには、
人間の生活にとって
何が重視すべき価値であるか
ということがある程度
はっきりしていなくてはならない。

ところがまさに現在の日本は、
欠如条件も価値基準も
はっきりしていないのであるから、
そもそも子供にたいして
「何かなりたいという希望をもて」
と要求すること自体、
酷というものである。

仮に(そんなことはありえないが)、
すべての人が一生働かずに暮らせるような
社会状況が永久的に実現されたとする。

そのときすべての人が
働くことをやめてしまうだろうか。
私にはどうもそう思えない。

人々はやっぱり何らかの働く道すじや
意味を見つけて
働き続けるのではないかと思う。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る