谷川浩司の名言 第4集

谷川浩司の名言4

谷川浩司
著書一覧

永世名人の資格を保持する将棋棋士「谷川浩司」の名言 第4集をお楽しみください。

谷川浩司の名言集

勝負事に限らず、
何事も腰がひけては前に進めない。

攻めの気持ちがあると、
集中力が高まり、
迷いが吹っ切れる。

本当の強さとは、
どういうものか?

それは、
見たこともない局面を見せられ、
その中で最善手を
自力で発見できるか、
どうかなのである。

「こうあるべきだ」という思考からは、
柔軟な発想は生まれないのだ。

当たり前の中に隠された物を
探り出そうという発想が、
固定観念を打破するもとになるのである。

ただ時間を費やして
考えているだけでは意味がないのだ。

何を何のために
どう方向づけて考えるのか。

思考とは結果を導き出さなければ、
ただの時間の無駄遣いでしかない。

他の人が『これは無理だよ』
と思っていても、

自分が『できる』と思っている間は、
可能性があるのだ。

谷川浩司の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る