谷川浩司の名言 第3集

谷川浩司の名言3

谷川浩司
著書一覧

永世名人の資格を保持する将棋棋士「谷川浩司」の名言 第3集をお楽しみください。

谷川浩司の名言集

物事を推し進めていくうえで、
その土台となるのは
創造力でも企画力でもない。

いくら創造力や企画力を
働かせようとしても、
道具となる知識や材料となる
情報がなければ何も始まらないのだ。

知識は、頭の中に貯えられた
記憶の体験が土台になるのである。

充実している時にこそ、
現状を打破する
やる気を持つことが大切なのだ。

一流の素質は、
「好き」と「努力をし続けられる」こと。

まったく関わりない偶然としての
幸運などない。

積み重ねた努力や、そうした自分を
盛り上げてくれる人たちに
応えようとする気力が、
無意識のうちに局面に最良の一手としての
“強運”を導いてくれるのではないか。

現状は悲観的に、
将来は楽観的に。

強い人ほど個性がある。
四、五段の人はそれほど個性もないから
何々流といった名前もつけられていない。

段が上がっていくにつれて
個性が強くなってくる。

ひとつには
自信ということがあると思います。

下のうちはこんな手をさしちゃって
笑われるかなと思いますけど、
上になっていくほどこれでいいんだ、
正しいんだと自分に自信がついてくるから。

毎日の努力の積み重ねを、
それほど苦にせずにできることこそ、
才能といえる。

勝っても、それで
自信過剰になり、努力を怠れば
勝ったことがマイナスになる。

負けたとしても、
その敗因を冷静に判断し、
次につなげるべく努力していけば
負けたことがプラスになる。

強くなる時に、
あまり苦労しないで
効率よく強くなった人は、
弱くなるのも早いのではなかろうか。

何事に対しても
“できる”という方向で考えないと、
物事は進まないのである。

“できる”という方向から攻めると、
思わぬアイデアが生まれるものだ。

谷川浩司の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る