谷川浩司の名言 第2集

谷川浩司の名言2

谷川浩司
著書一覧

永世名人の資格を保持する将棋棋士「谷川浩司」の名言 第2集をお楽しみください。

谷川浩司の名言集

「負けました」
といって頭を下げるのが、
正しい投了の仕方。

つらい瞬間です。
でも「負けました」と
はっきり言える人はプロでも強くなる。

これをいいかげんにしている人は
上にいけません。

何度も何度も負けたとしても、
自分の道をひたすら歩き続ければ、
やがてそこに一本の道が拓けてくる。

余りに多くの情報を手に入れすぎると、
逆に先入観に囚われて
独自の発想が出なくなる。

大事なのは
「見て忘れる」ことです。

本当に強い人とは、
対局中にも
人への配慮を忘れないような、

心のゆとりを
もっている人だと思う。

相手の選択肢を狭くする
指し方を選ぶと、

自分の選択肢も同様に
狭くなってしまうという傾向もあります。

実力のある人は、
姿勢からして端正である。

自らの負けを潔く認めることが、
次の勝利へと
つながっていくのである。

最初から強い人はいないわけで、
やはり最初は負けっぱなしですから。

「何を!」と思って続けていく人が
強くなるのでしょう。

それは何にでも最初あるんでしょうね。
「負けず嫌い」
というのがないと上がれない。

谷川浩司の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る