松坂慶子の名言

松坂慶子のプロフィール

松坂慶子
作品一覧

松坂慶子(まつざか けいこ/1952年7月20日-/女性)は、東京都大田区出身の女優歌手。本名は「高内 慶子」(たかうち けいこ)。中学3年生(1967年)の時に「劇団ひまわり」に入団し、同年に『忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ』でテレビデビュー。高校2年生(1969年)の時に大映からスカウトされ、同年に『ある女子高校医の記録 続・妊娠』でスクリーンデビュー(女子高生役)。1971年に『夜の診察室』で映画初主演し、翌年に松竹へ移籍。1970年代後半から1980年代にかけて大作映画や話題作に立て続けに出演し、演技派スター女優としての地位を築いた。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+朝日新聞どらく)

出演作

主な出演映画に『夜の診察室(1971年)』『藍より青く(1973年)』『事件(1978年)』『蒲田行進曲(1982年)』『死の棘(1990年)』など。主な出演テレビドラマに『おくさまは18歳(1971年)』『国盗り物語(1973年)』『元禄太平記(1975年)』『草燃える(1979年)』『江戸を斬る(第1部~第6部)』『水中花(1979年)』『春の波涛(1985年)』『毛利元就(1997年)』『義経(2005年)』『篤姫(2008年)』などがある。

松坂慶子の名言集

あなたは
あなたでいることが
まず大切。

自然に人を助けたり、
人の役に立てるように
なってもらいたい。

そうしたら、
どこで何をしていても
温かく暮らしていける。

(※自身の子供への言葉)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る