Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
林語堂の名言 | 地球の名言

林語堂の名言

林語堂のプロフィール

林語堂
著書一覧

林語堂(りん ごどう/1895年10月10日-1976年3月26日/男性)は、中国・福建省出身の文学者言語学者評論家。「リン ユータン」とも呼ばれる。「論語」「人間世」「宇宙風」などの雑誌を発行した人物であり、中国と中国人の性格や文化について書かれた「わが国土・わが国民」で世界的に知られる存在となる。1940年と1950年には、ノーベル文学賞候補にもノミネートされている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「自由のまちへ」「中国=文化と思想」「朱門」「悠久の北京」「嵐の中の木の葉」「マダムD 中国伝奇小説二十編」「我が中国論抄」「蘇東坡」「自由思想家・林語堂 エッセイと自伝」「開明英文文法 表現の科学」「西域の反乱」「ソビエト革命と人間性」「開明英文文法 表現の科学」「杜十娘」「則天武后」「支那の知性」「東西の国民性」「生活の発見 正続」「支那に於ける言論の発達」などがある。

林語堂の名言集

世の中で最も不幸なのは、
したいことが見つからない人である。

本当の幸せは、
自分の仕事をしっかりしたあとで休養をとって
リフレッシュする人のもとに訪れる。

物事を完成させるという
尊い考え方と共に、

手をつけずに放っておくという
尊い考え方もある。

人生の知恵の本質は、
不必要なものを
取り除くことにあるのだ。

自然界のものは、
みんなブラブラ遊んでいるのに、
人間だけがあくせく働いている。

そして檻に入れられて
飼い慣らされるように、
文明と複雑な社会に強いられて働き、
食うことのために、
頭を悩まさねばならない。

年をとるまで働き通して、
ついに遊ぶことを忘れてしまった
この文明というのは、
いったい何なのであろうか。

自分と違う者に、
なろうとしないこと。

民衆が飢えたとき、
どのような巨大な帝国も滅びる。

幸せの秘訣は、
自分が思う存分、力を発揮できる
仕事をみつけることである。

自分の仕事が自分に適していて
好きだということは、

われわれの望みうる
最上のことである。

ユーモアを
忘れてはならない。

現代人は、あまりにも
生活を深刻に考えすぎている。

満足を得る秘訣は、
おのおのが自分の実力と限界を
自力で見出し、
自分が十分に力を発揮できる仕事は
何であるか知ること。

そして、どのような成功者であろうと
権力者であろうと、
その地位は宇宙に比較すれば
微々たるものだということを
悟るだけの分別を持つことである。

つまり、本当の自分自身になりきる勇気、
孤独に耐える勇気、
自分と違う者になろうとしない勇気を
持つことである。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る