文覚の名言

文覚のプロフィール

文覚
書籍一覧

文覚(もんがく/1139年-1203年8月29日/男性)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した武士(真言宗)。俗名は「遠藤盛遠」(えんどうもりとお)。「文学」「文覚上人」「文覚聖人」「高尾の聖」とも呼ばれる人物であり、弟子に「上覚(じょうかく)」、孫弟子に「明恵(みょうえ)」などがいる。摂津源氏傘下の武士団(渡辺党・遠藤氏)出身であり、鳥羽天皇の皇女統子内親王(上西門院)に仕えていたが、19才で出家。その後、京都高尾山神護寺の再興を後白河天皇に強訴したため、伊豆国に配流されるが、同じく伊豆国蛭ヶ島に配流の身だった源頼朝と知遇を得、頼朝が権力を掌握していく過程で頼朝や後白河法皇の庇護を受けて各地の寺院を勧請し、所領の回復や建物の修復を行った。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

文覚の名言集

仏もおもしろいが
それよりも人間がおもしろい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る