司馬遼太郎の名言 第2集

司馬遼太郎の名言2

司馬遼太郎
著書一覧

国民的作家として人気を博した小説家・随筆家「司馬遼太郎」の名言 第2集をお楽しみください。

司馬遼太郎の名言集

物事は両面からみる。
それでは平凡な
答えが出るにすぎず、
智恵は湧いてこない。

いまひとつ、
とんでもない角度

つまり天の一角から
見おろすか、

虚空の一点を設定して
そこから見おろすか、

どちらかしてみれば
問題はずいぶん
変わってくる。

人間の泣くこと
笑うことは、

いまもむかしも
変わらない。

例えば、友達が転ぶ。
「あぁ痛かったろうな」
と感じる気持ちを、

そのつど自分の中で
作りあげて
いきさえすればよい。

何事か成し遂げるのは、
才能ではなく性格である。

古今、物事を革新する者は
多くはその道の
素人である。

ともかく若い間は、
行動することだ。

めったやたらと
行動しているうちに、

機会というものは
つかめる。

司馬遼太郎の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る