エイブラハム・リンカーンの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

エイブラハム・リンカーンのプロフィール

エイブラハム・リンカーン
書籍一覧

エイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln/1809年2月12日-1865年4月15日/男性)は、第16代アメリカ合衆国大統領を務めたことで知られるアメリカの政治家弁護士。「奴隷解放の父」と称されることも多く、拡大を続けていた奴隷制に反対を表明し南北戦争を経て奴隷解放へ導いた人物。1834年にイリノイ州の下院議員に初当選し、政治家への道を進みはじめ、1837年にイリノイ州議会で奴隷制に対する最初の抗議を行う。1846年にはホイッグ党員として下院議員に選出され、任期終了後は、弁護士としての活動を重点を置くようになり、数々の法廷事案を手掛ける。1854年に「カンザス・ネブラスカ法」に反対する演説を行い注目を集め、1860年の大統領選挙では共和党大統領候補に指名される。約6割にものぼる票をあつめ、同国の大統領に就任。その後、奴隷制度を巡った南北戦争を勝利に導き、1862年9月に「奴隷解放宣言」を行った。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

エイブラハム・リンカーンの名言集

たいていの人は
災難は乗り越えられる。

本当に人を試したかったら、
権力を与えてみることだ。

40歳を過ぎた人間は、
自分の顔に
責任を持たなくてはならない。

今日出来ることを、
明日に残すな。

もし、木を切り倒すのに
8時間与えられたなら、

私は6時間を
斧を研ぐのに費やすだろう。

今日の責任から
逃れることが出来たとしても、

明日の責任からは
逃れることは出来ない。

出来ると決断しなさい。
方法などは
後から見つければいいのだ。

もしも、君が
本当になろうと決めたのなら、
もう成功したのと同じだよ。

世に卑しい職業などなく、
ただ、卑しい人があるのみである。

人は誰でも、
褒められることが好きなものだ。

人はそうなりたいと望む分だけ、
幸せである。

自分でできることや、すべきことを、
その人の代わりにしてあげても、
本当の助けにはならない。

転んでしまったことなど
気にする必要はない。

そこからどうやって
立ち上がるかが大事なのだ。

準備をしていけば、
チャンスは必ずやってくる。

私はいつチャンスが
来てもいいように学び、

いつでもすぐに
仕事にかかれる態勢を保っている。

もし最後の結果が良ければ、
私に浴びせられた非難などは
全く問題ではない。

ただし、最後の結果が悪ければ、
たとえ十人の天使が
私を弁護してくれたところで、
何の役にも立ちはしない。

エイブラハム・リンカーンの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


スポンサーリンク



バックナンバー


ページトップに戻る