鍵山秀三郎の名言

鍵山秀三郎のプロフィール

鍵山秀三郎
著書一覧

鍵山秀三郎(かぎやま ひでさぶろう/1933年8月18日-/男性)は、東京都出身の実業家著述家。カー用品チェーン「イエローハット(旧社名:ローヤル)」の創業者として知られる人物。「日本を美しくする会」の相談役を務める他、掃除をテーマにした講演や活動なども各地で行なっている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書(共著含む)に「鍵山秀三郎「一日一話」 人間の磨き方・掃除の哲学・人生の心得」「ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる 心を洗い、心を磨く生き方」「困ったことばかりでも、何かひとつはよいことがある。」「凡事徹底 平凡を非凡に努める」「便器を磨けば、子どもが変わる! トイレ発!学校改革のススメ」「日々これ掃除 人生福々、会社福々への道」「正しく生きる 人として大切なことは何か」「経営問答塾 一流への道」「人間力を養う生き方」「幸福への原点回帰」「掃除に学んだ人生の法則 掃除道50年の実践哲学」「写真で学ぶ「掃除道」」「小さな実践の一歩から はきものをそろえる」「「大」を疑え。「小」を貫け。」「平凡を極める生き方 小さな実践が生みだす非凡な力」「あとからくる君たちへ伝えたいこと」「人生の作法」「ムダな努力はない 人生の行動指針220」「頭のそうじ心のそうじ 人生をキレイにする」「掃除が起こした「奇跡の力」」「鍵山道場 人間力を磨く法則」「人生を掃除する人しない人 目からウロコの超実践哲学」「会社が光る 「掃除」の実学-やさしさと辛抱強さこそ」「人間を磨く言葉」「仕事の作法」「凡事徹底が人生を変える」などがある。

鍵山秀三郎の名言集

この国をよくするのは、
財務大臣でもなければ、
総理大臣でもありません。

国民一人ひとりの、
ほんのちょっとした
生き方にかかっています。

足元のゴミひとつ
拾えぬほどの人間に、
何ができましょうか。

人間の心は、そう簡単に
磨けるものではありません。

ましてや、心を取り出して
磨くことなどということはできません。

心を磨くには、とりあえず、
目の前に見える物を
磨ききれいにすることです。

とくに、人のいやがる
トイレをきれいにすると、
心も美しくなる。

人は、いつも見ているものに
心も似てきます。

根を養えば、
木は自ずから育つ。

微差、僅差の積み重ねが、
大差となる。

人間は義務でやらなくてもいいことが、
どれだけできるかということが、
人格に比例していると思います。

もともと、世の中に、
雑用というものはありません。

雑な心でするから、
雑用になるだけのことです。

一つや二つ拾ったって
しょうがないじゃないか。
という考えではなく、

一つでも二つでも拾えば、
それだけ世の中がきれいになる。
そういう考えです。

価格だけが競争ではありません。
もちろん、お客様にとっては
安ければ安いほどよいことです。

しかし、ただ安ければよい、
というだけのお客様ばかりでは
ありません。

価格よりも、
より質の高いサービスを
求めてこられるお客様も
必ずいらっしゃいます。

価格競争をする前に、
サービスを見直すことが先決です。

いままで、
誰にでもできる平凡なことを、
誰にもできないくらい
徹底して続けました。

そのおかげで、
平凡の中から生まれる、
大きな非凡を知ることができました。

鍵山秀三郎の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る