マキャベリの名言 第5集

このエントリーをはてなブックマークに追加

マキャベリの名言5

マキャベリ
書籍一覧

イタリア・ルネサンス期の政治思想家「マキャベリ」の名言 第5集をお楽しみください。

マキャベリの名言集

運命の女神は、
積極果敢な行動をとる人間に、
味方する。

人間というものは、
必要に迫られなければ、
善を行わないようにできている。

ある人物を評価するに際して、
最も簡単で確実な方法は、
その人物がどのような人々と、
付き合っているかを見ることである。

中ぐらいの勝利で満足するものは、
常に勝者であり続けるだろう。

名誉というものは、
成功したものだけが得るとは限らない。

人間というものは、
ひとつの野心が達成されても、

すぐに次の野心の達成を
願うようにできている。

人間というものは、
危害を加えられる
と思い込んでいた相手から、
親切にされたり恩恵を施されたりすると、

そうでない人からの場合より
ずっと恩に感ずるものである。

われわれが常に
心しておかねばならないことは、

どうすればより実害が少なくて済むか、
ということである。

長期にわたって支配下に置かれ、
その下で生きるのに慣れてしまった人民は、

何かの偶然で転がり込んできた
自由を手にしても、
それを活用することができない。

天国へ行くのにもっとも有効な方法は、
地獄へ行く道を熟知することである。

運命は我々の行為の半分を支配し、
他の半分を我々自身にゆだねる。

軍の指揮官にとって、
最も重要な資質は何かと問われれば、
想像力である、と答えよう。

良い面を残そうとすれば、
どうしたって悪い面も、
同時に残さざるを得ないのである。

天気のいい日に
嵐のことなど考えてもみないのは、
人間共通の弱点である。

人間は、恐れている人より、
愛情をかけてくれる人を、
容赦なく傷付けるものである。

マキャベリの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク



バックナンバー


▲ページトップに戻る