ヴァイオリニストの名言 一覧

ヴァイオリニストとは?

ヴァイオリニスト

ヴァイオリニスト(violinist)とは、弦楽器のヴァイオリン(violin)の演奏者のこと。ヴァイオリンの起源は中東を中心に広く使用されていた弦楽器・ラバーブ(rebab/リュート属の楽器)と考えられており、ラバーブがヨーロッパに伝わりレベックと呼ばれるようになり、立てて弾くタイプと抱えて弾くタイプのものに分かれていった。立てて弾くタイプのものがヴィオール属(コントラバスなどの擦弦楽器)に、抱えて弾くタイプのものがヴァイオリン属へと進化していったと見られる。日本には16世紀中頃にはすでにヴィオラ・ダ・ブラッチョ(擦弦楽器)が伝わっており(フロイス『日本史』より)、当時のポルトガル人修道士がミサの演奏用として日本の子供に教えていたとの記述が残っている。

(参考文献・出典:Wikipedia)

楽天ブックスで書籍を検索 / Amazonで書籍を検索

ヴァイオリニスト 一覧

さ行

佐藤 陽子(さとう ようこ)
ヴァイオリニスト・声楽家・エッセイスト

た行

高嶋 ちさ子(たかしま-)
バラエティ番組などでも活躍する女性ヴァイオリニスト
辻 久子(つじ ひさこ)
第一線で活躍するヴァイオリニスト

は行

葉加瀬 太郎(はかせ たろう)
高い評価を得ているヴァイオリニスト

ま行

宮本 笑里(みやもと えみり)
女性ヴァイオリニスト

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る