竹村健一の名言 第5集

竹村健一の名言5

竹村健一
著書一覧

ジャーナリスト、評論家、著述家「竹村健一」の名言 第5集をお楽しみください。

竹村健一の名言集

笑いたいものには、
笑わせておけばいい。

失敗を恐れていたら、
何も出来ない。

若いときから、
あまり人生を達観しよう
などと思わない方がいい。

やってみることだ。
主張してみることだ。
あきらめずに粘ってみることだ。

そうすれば、不可能と思い込んでいたものが、
意外にも実現してしまうことがある。

自分で自分を二階へ追いやり、
ハシゴをはずしてしまえばいいのだ。

生きたいように生きてみて、
うまくいけばそれに越したことはない。

あまりうまくいかなくて、
偉くなれなかったとしても、
生きたいように生きたのだから
あきらめはつくし、
他の面で埋め合わせがついている。

だいたい、好きでもない道を、
あれやこれやと将来を打算して選んだとしても、
うまくいくかどうかわからないのである。

その道自体は誤っていなかったとしても、
その人にとってそもそも面白くない。

人間というものは
いつ死ぬかわかならいわけで、

目的を達成する前のプロセスも
生きがいのあるものでないと、
目的の手前で死んだり、あるいは、
その目的が達せられないという、
不測の事態が生じたときに、

いったい何のために
生きてきたのかわからなくなる。

間違えたらとり返しがつかない
という極限状況に身を置くことが、
いい結果につながる。

いまは吹雪なのだ。
じっと耐えてみる。

かならず吹雪のやむときはある。
やまねばやまぬでいい。
しっかりと歩を踏み出す。

逆境こそ、
自分をより高いところへ導いてくれるものだ。

「他人の頭」を、
大いに活用しよう。

知らないことにくらべれば、
知っていることは無に等しい。

竹村健一の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る