アニメーション監督の名言 一覧

アニメーション監督(アニメ監督)とは?

アニメーション監督

アニメーション監督・アニメ監督(anime directors)とは、アニメーションの制作を指導・統括し、ひとつの作品としてアニメを完成させる役職のこと。アニメ黎明期においては、アニメ監督は人事やスケジュール管理に関与しないことから「演出」と呼ばれていたが(実写映画の場合は人事やスケジュール管理業を監督が担う為)、テレビアニメは3ヶ月から数年の長期に渡って放映されるため、作品の方向性を統一するためにシナリオや演出家を統括する監修者の存在が必要となり、チーフディレクターやシリーズディレクターと呼ばれた時期を経て、しだいに「監督」で統一されるようになっていった。アニメ監督とは演出家の長と言える存在であり、アニメーターとしての技量を持った人物がそのまま演出家・アニメ監督になることも多いが、全く絵が描けない演出家も多く、人並み以上に絵が描ける必要は必ずしもない。デジタル化が進んだ現代アニメにおいては、それよりもデジタル映像技術への理解が必要不可欠とされ、CG出身の演出家も多く見受けられるようになってきている。

(参考文献・出典:Wikipedia)

楽天ブックスで書籍を検索 / Amazonで書籍を検索

アニメーション監督 一覧

か行

今 敏(こん さとし)
アニメーション監督・漫画家

さ行

新海 誠(しんかい まこと)
アニメーション作家・監督

は行

原 恵一(はら けいいち)
クレヨンしんちゃんシリーズの監督を長く務めたことで知られるアニメーション監督

ま行

宮崎駿(みやざき はやお)
「スタジオジブリ」の創設者として知られるアニメーション作家、アニメーション映画監督、漫画家

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る