Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
山本有三の名言 | 地球の名言

山本有三の名言

山本有三のプロフィール

山本有三
書籍一覧

山本有三(やまもと ゆうぞう/1887年7月27日-1974年1月11日/男性)は、栃木県出身の劇作家小説家政治家。本名は「山本 勇造」(やまもと ゆうぞう)。東京帝国大学独文学科在学中に文芸雑誌「新思潮(しんしちょう)」の創刊に参加し、同大学卒業後の1920年に戯曲「生命の冠」でデビュー。その後、第一高等学校 (旧制)時代の同級生であった菊池寛や芥川龍之介などと「文芸家協会」を結成し、内務省の検閲批判や著作権の確立に尽力する。戦後は貴族院勅撰議員に就任し、国語国字問題に取り組んだ他、1947年の第1回参議院議員通常選挙で当選し、約6年間にわたり参議院議員も務めた。1965年に文化勲章を受章。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著作

主な著書・著作に「海彦山彦」「無事の人」「竹」「道しるべ」「路傍の石」「米百俵 隠れたる先覚者小林虎三郎」「不惜身命」「戦争と二人の婦人」「真実一路」「心に太陽を持て 胸にひびく話」「瘤 短篇集」「女の一生」「風」「女人哀詞 戯曲集」「波」「西郷と大久保 戯曲集」「生きとし生けるもの」「熊谷蓮生坊 現代戯曲選集」「途上」「同志の人々」「塵労」「女親」「坂崎出羽守 戯曲集」などがある。

山本有三の名言集

おれは「苦労」を、
おれの「先生」だと思っているんだ。

人間「苦労」にしこまれないと、
すぐいい気になっちまう。

働くというのは、
はたを楽にしてやることだ。

心に太陽を持て。

自分が相手を愛すれば、
相手もきっと自分を愛してくれる。

人生は必ずしも、
そんな簡単なものではありませぬ。

たったひとりしかいない自分の、
たった一度しかない人生を、
ほんとうに生かさなかったら、
人間、生まれてきたかいがないではないか。

一年の計は麦を植えることにあり、
十年の計は樹を植えることにあり、
百年の計は人を植えることにあり。

人間はな。
人生という砥石で、
ごしごしこすられなくちゃ、
光るようにはならないんだ。

学校ってものは、
からだとからだの
ぶつかり合うところだ。

先生の魂と生徒の魂が
触れ合う道場だ。

それではじめて、
生徒は何ものかを体得するのだ。

一生忘れないものを
身に付けるのだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る