徳田虎雄の名言

徳田虎雄のプロフィール

徳田虎雄
書籍一覧

徳田虎雄(とくだ とらお/1938年2月17日-)は、鹿児島県徳之島町出身の医師政治家。医療法人徳洲会理事長。医師として「医療法人徳洲会」を設立し、全国展開を進める一方で政治家としても活躍した人物であり、自由連合代表や衆議院議員(当選4回)、沖縄開発政務次官などを歴任。2002年頃にALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症したため、政界から引退し病気療養を開始。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「生命だけは平等だ わが徳洲会の戦い」「頭の悪い奴が成功する―奇跡を生みだす行動の哲学」「知らなかった救急法―この知識が手遅れを防ぐ 最新医学が教える」「ゼロからの出発~実現できない夢はない~」「トラオがゆく」「わが語録 真実を求めて ~生か死か」「生命だけは平等だ 医療一揆編」「母の力」「生きる力」「贈り物をもらわない医者―“医療ビッグバン”で日本を変える」などがある。

徳田虎雄の名言集

やろうと思えばできる。
これを信ずること。
これが第一の勝負でしょうね。

何事においても、
まず先入観を打破し、
原点に帰って問い直すことが必要だ。

その基本的な態度さえ
しっかりしていれば、
道はおのずから通じるものだ。

狂ったように精魂込めて
一つのことに打ち込め。
命を懸けるのだ。

命を賭けて一つの目標をやり遂げれば、
それは死線を一回越えたことになる。

死ぬくらいの苦しい思いをして、
はじめて道は開かれる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る