市村清の名言

市村清のプロフィール

市村清
書籍一覧

市村清(いちむら きよし/1900年4月4日-1968年12月16日/男性)は、リコーを中心とする「リコー三愛グループ」の創始者として知られる佐賀県三養基郡出身の実業家。昭和初期から中期の日本を代表する経営者の一人であり、常識の裏をかくアイディア社長として一世を風靡し、座右の銘は「人の行く裏に道あり花の山」であったとのこと。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著作

主な著書・著作に「儲ける経営法・儲かる経営法」「光は闇をつらぬいて」「人の逆をいく法」「そのものを狙うな」「闘魂ひとすじに」「明日への着眼」「市村清講演集」などがある。

市村清の名言集

人が海面に行くなら、
自分は海底に行け。

もぐるのは何倍もつらいが、
誰も行かない困難なところに道がある。

書いたものより
口約束こそは守れ。
うそをついてはいけない。

もし成功に秘訣があるとすれば、
他人の立場を理解し、
他人の立場から
物事をみる能力を持つことである。

人生というものは、
たとえいかなる逆境・非運に遭遇しても、

希望さえ失わなければ
まったく消えてしまうものではない。

仕事はあきらめてはいけない。
最後のひと押しが成否を決めるのだ。

人生は紙一重だ。
こちらが根負けしかかったとき、
相手もこちらに
根負けしかかっている。

どんなことでも、志さえあれば、
道は必ず開けるものである。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る