アコーディオニストの名言 一覧

アコーディオニストとは?

アコーディオン

アコーディオン(Accordion)とは、蛇ばらをふいごとして伸縮することで空気を送り、リードを通り抜けるときに振動させ音を鳴らす鍵盤楽器・蛇腹楽器・気鳴楽器のひとつ。両手で抱えるようにして楽器を持ち、右手側の鍵盤(ボタン)で主に主旋律を担当。左手側には主にベース音や和音を奏でるボタンが配置されており、最大で120個ほどのボタンがあるため、ボタンと空気弁を繋げた内部構造は非常に複雑になっている。同時に複数の音を鳴らすことができるため、一台で主旋律と伴奏をこなすことができる。構造はハーモニカによく似ているが、手で空気を送るため弾き語りにも適している。ただし、ピアノやギターに比べると普及度は低く、値段も安価なものは少ない傾向にある。また、アコーディオンには様々な種類があり、ダイアトニック・アコーディオン(初期に開発されたシンプルなアコーディオン/全音階のみ)、クロマティック・アコーディオン(半音階が出せるようになったダイアトニック・アコーディオンの改良型)、コンサーティーナ(小型アコーディオン/六角形の蛇腹を持つ)、バンドネオン(主にタンゴで用いられるアコーディオン)、メロフォン(ギター型のアコーディオン)、ピアノ・アコーディオン(日本で最もポピュラーなアコーディオン/ピアノの鍵盤とと同形状の手鍵盤を持つ)、スタイリッシュ・ハーモニカ(アルプス地域を中心とした民族音楽)、電子アコーディオン(様々な音色を搭載した電子楽器)などがある。

(参考文献・出典:Wikipedia)

楽天ブックスで書籍を検索 / Amazonで書籍を検索

アコーディオニスト 一覧

か行

coba(こば)
日本を代表するアコーディオニストの一人

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る