アルトゥル・ショーペンハウアーの名言

アルトゥル・ショーペンハウアー(ショーペンハウエル/ショウペンハウエルとも)のプロフィール

アルトゥル・ショーペンハウアー
著書一覧

アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer/1788年2月22日-1860年9月21日)は、ドイツ・ダンツィヒ出身の哲学者思想家。『意志と表象としての世界』(Die Welt als Wille undVorstellung)などの著者として知られる人物であり、仏教やインド哲学に関する思想家としても有名。芸術論や自殺論が特に有名であるものの、法律学から自然学まで様々なジャンルに精通しており、総合哲学者としての側面も強い。ショーペンハウアーは「世界というのは自分を映し出す鏡であり、それぞれの人がそれぞれの世界を見ている。その根底にあるのは、ただ生きよう(進化しよう)とする想いがあるだけ。そして、すべての物事に終わりなどなく、進化し続ける」と説いている。さらに「人間の幸福」は、「どんな人間であるか」「何を持っているか」「人間関係」の3つに集約されると説いており、「どんな人間であるか」=健康面や精神面など自分を磨くこと。「何を持っているか」=金銭面や社会的地位の確保。「人間関係」=他者に配慮する心を持つこと。の3つが人間の幸せを作ってくれると語っている。また、自殺に関する思想でも有名であるが、要約すると「人類全体でみれば明らかだが、あなたが勝手に死ぬことに何の意味もなく、生きてこそ、人間は意味を持つ」ということになる。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)※管理人の独自解釈を含みます。

著作

主な著作(邦題)に「充足理由律の四つの根拠について/1813年」「見ることと色とについて/1816年」「意志と表象としての世界/正編:1819年、続編:1844年」「自然のうちなる意志について/1836年」「倫理学の二大根本問題/1841年」「余録と補遺/1851年」などがある。

アルトゥル・ショーペンハウアーの名言集

才人は、
誰も射ることのできない
的を射る。

天才は、
誰にも見えない
的を射る。

強い人間は、
自分の運命を嘆かない。

あきらめを
十分に用意しておくことも、
人生の旅には必要なんだよ。

孤独を愛さない人間は、
自由を愛さない人間になってしまう。

なぜなら、孤独でいるときにのみ、
人間は自由になれるのだから。

私達は、
他人と同じようになろうとして、
自分の4分の3を失ってしまう。

自分の幸せを数えたら、
あなたはすぐに幸せになれる。

船というのは、
荷物をたくさん積んでいないと、
不安定でうまく進めない。

同じように人生も、
心配や苦痛、苦労を背負っている方が
うまく進めるものである。

笑うことが多い人は
幸福であり、

泣く事が多い人は
不幸になる。

他人の欠点や愚行を
自分から探すような人は、
間違いなく不幸になる。

誰もが自分の視野の限界を、
世界の限界だと思い込んでいる。

アルトゥル・ショーペンハウアーの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る