羽根拓也の名言

羽根拓也のプロフィール

羽根拓也
著書一覧

羽根拓也(はね たくや)は、株式会社アクティブラーニングの代表取締役社長を務める実業家教育者研修・人事コンサルタント。日本で塾や予備校の講師を務めた後の1991年にアメリカに渡り、ハーバード大学などで語学専任講師として活躍。日本語教師として働きながら、同時に「学ぶ力」についての研究も進め、学習力を向上させる方法を論理的にまとめた「アクティブラーニング」の手法を提唱。1997年に同名の株式会社アクティブラーニングを設立し、代表取締役社長に就任。企業や官公庁などから依頼を受け、研修や人事コンサルティングなどを手がける他、著書も発表している。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+日本の人事部)

著書

主な著書に「限界を突破する「学ぶ技術」 いまの自分に満足できないあなたへ」「ジコピ-道場 〈自己PR〉東京で伝説となった就活トレ-ニング」などがある。

羽根拓也の名言集

すごく興味のあること、
好きな対象に向かっていると、
放っておいても自然と脳が活性化して、
自分でも驚くほどの
記憶力を発揮する時がありますよね?

私たちはこの状態を、
「開脳している」という言い方をします。

つまり、開脳状態にあれば、
人は自動的に学習を開始して、
驚異的な成果を上げることができる
ということです。

人によって燃えやすい薪も違う。
たとえば、「人に褒められる」
という薪がよく燃える人もいれば、
「お金」という薪で着火する人もいる。

だからまず、自分にとって一番燃えやすい薪を
早く知ることです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る