道元の名言

道元のプロフィール

道元
書籍一覧

道元(どうげん/正治2年1月2日-建長5年8月28日※旧暦/1200年1月19日-1253年9月22日※ユリウス暦)は、日本における曹洞宗の開祖として知られる鎌倉時代初期の禅僧。一般には「道元禅師」と呼ばれる人物であり、同宗旨では高祖と尊称される他、晩年には「希玄」という異称も用いたとのこと。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書(補遺や言行録を含む)に「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう/七十五巻本+十二巻本+補遺)」「永平廣録(えいへいこうろく/全十巻)」「永平清規(えいへいしんぎ):典座教訓(てんぞきょうくん)、対大己法(たいたいこほう)、弁道法(べんどうほう)、知事清規(ちじしんぎ)、赴粥飯法(ふしゅくはんほう)、衆寮箴規(しゅうりょうしんぎ)」「正法眼蔵随聞記(しょうぼうげんぞうずいもんき)」などがある。

道元の名言集

<現代語訳版>

仏道をならうとは、
自己をならうことである。

自己をならうとは、
自己を忘れることである。

自己を忘れることは、
万法に証せられることである。

万法に証せられるとは、
自己の心身をも他己の心身をも
脱ぎ捨てることである。


<意訳版>

仏教を学ぶということは、
自分を学ぶことである。

自分を学ぶとは、
自分を忘れることである。

そして、世界の森羅万象から
直接教わるのが学ぶことの本質であり、

その際には、
徹底的に謙虚にならなければならない。

何事も一心不乱にやれば
宇宙の真理を体で感じとることができる。

自己に閉じ込められ、
自己にこだわっている間は、
世界を真に見ることができない。

自己が自由に自在に動くとき、
世界もいきいきと生動する。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る