松本元の名言

松本元のプロフィール

松本元
著書一覧

松本 元(まつもと げん/1940年11月24日-2003年3月9日)は、東京府東京市出身の脳科学者生物物理学者。日本の脳研究の第一人者として知られる人物であり、生物学者として電子技術総合研究所のライフサイエンス分野の研究の黎明期を担い、脳機能の解明に向けた研究で知られている。巨大軸索をもつヤリイカの人工飼育法の開発に成功し、巨大神経細胞が豊富に得られるようになった松本のグループは次々と研究成果を挙げ、脳・神経科学の分野で世界的な業績を生み出す。2003年に日本政府からその功績が称えられ、正四位勲三等瑞宝章が贈られている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書(共著含む)に「愛は脳を活性化する」「脳と学習のメカニズム シナプス可塑性とバイオコンピュ-ティング」「情と意の脳科学 人とは何か」「脳・神経系が行う情報処理とそのモデル」「自己組織化 生物にみる複雑多様性と情報処理」「バイオエレクトロニクス」「神経細胞の細胞生物学的特性」「神経細胞が行う情報処理とそのメカニズム」「ニュ-ロコンピュ-ティングの周辺」「情報処理の究極に挑む 脳を知り脳に迫る」「神経興奮のメカニズム」「脳型コンピュ-タとチンパンジ-学」などがある。

松本元の名言集

脳は「できる」と確信すると、
その「確信」の論理的な
後ろ盾を与えるべく
認知情報がフル活動する。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る