ルノワールの名言

ルノワールのプロフィール

ルノワール
書籍一覧

ピエール=オーギュスト・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir/1841年2月25日-1919年12月3日/男性)は、フランス・リモージュ出身の印象派画家。長男「ピエール」は俳優、次男「ジャン」は映画監督として活躍。風景画や花などの静物画も残しているが、特に人物画で高い評価を獲得している人物であり、初期はアングルやドラクロワなどの影響を受け、モネらの印象主義のグループに加わっていたが、後年は古典絵画の研究を通じて画風が変化し、晩年は豊満な裸婦像などの人物画で独自の境地を開拓した。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

代表作

主な代表作に「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場」「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像」「舟遊びをする人々の昼食」「ぶらんこ」「アルジェの女」「二人の姉妹(テラスにて)」などがある。

ルノワールの名言集

芸術家というものは、
自分に才能があると思うと
だめになってしまう。

つけあがらず、
職人みたいに仕事をしてこそ、
はじめて救われる。

百の欠点を無くしている暇があるなら、
一つの長所を伸した方がいい。

画家がどれだけ
素晴らしいパレットを持っていても
意味がない。

大事なのは、
どんな眼を持っているかなんだ。

…ようやく
何かわかりかけてきたような気がする。
私はまだ、進歩している…。

(絵筆を握りながらの最期の言葉)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る