作者不明の名言 第3集

作者不明の名言データベース3

作者があきらかになっていない「作者不明の名言 第3集」をお楽しみください。

作者不明の名言集

駆け足で時間を縮めようとする人は、
道を失って時間を損する。

羊の群れをいち早く小屋に入れてしまおうと、
あわてる羊飼いは、
結局、その夜見失った羊を探し求めて、
山上に夜を明かすことになるものだ。

時の節約は急ぐことではなくて、
確実にやることだ。

巻き起こった
人生の出来事のすべては、

私の選択、責任であり、
私が源であった。

好きなこと、
楽しいことをして生きなさい。

どんなにお金が儲かるからといっても、
決して自分の嫌いなこと、
したくないことをしてはいけないよ。

一日三時間せっせと歩けば、
七年間で地球をひとまわり出来る。

「最後の一手」しだいで、
人生はいくらでも逆転できる。

成功とは
正しい判断の結果である。

正しい判断とは、
経験の結果である。

そして経験とは多くの場合、
間違った判断の結果である。

一瞬一瞬を大切にする人は、
時代の輝く星になることができる。

混雑しすぎた人生は、
実を結ばないことに
注意しなければならない。

彼は昼夜を問わずせっせと働いた。
遊びも楽しみもほとんど断った。
新しいことを学ぶために退屈な本も読んだ。
成功を得るために努力して前進した。
誠実さと勇気を持って進み続けた。

そうしてようやく成功すると、
人々はそれを「幸運」と呼んだ。

やさしさに
欠けたるときに
愛みえず

おだやかに
愛するときぞ
平和あり

(京都のお寺の門前に
書いてあった言葉)

作者不明の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る