アイソーポス(イソップ)の名言

アイソーポス(イソップ)のプロフィール

アイソーポス(アイソーポス(イソップ)
書籍一覧

アイソーポス(Aesop/紀元前619年-紀元前564年頃)は、古代ギリシアの寓話作家。日本ではアイソーポスよりも英語読みの「イソップ」という名前で知られており、イソップ寓話の作者として有名。当時の記録がないため、半ば伝説上の人物ではあるが、トルコ沿岸にあるギリシャの島「サモス島」の市民イアドモンの奴隷だったと伝えられており、後に語りに長けていたため解放され、以後は寓話の語り手として各地を巡ったとのこと。また、多くの寓話を残した人物ではあるが、現在知られている「イソップ寓話」のすべてがアイソーポスによる創作ではなく、アイソーポスの登場以前から伝えられていた寓話や後に創作された寓話が後にイソップ寓話とされたりした他、アイソーポスの出身地の民話を基にしたものも多数含まれているといわれている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

アイソーポス(イソップ)の名言集

災難によって、
人は学ぶ。

真の友情というものは、
災難に遭遇したときに
はじめてわかる。

ある場所で不満を感じている者は、
別の場所へ移っても、
まず満足は得られない。

自然はわれわれすべてに
同じ能力を与えなかった。

われわれは、
一人ですべてのことが出来ようには
作られていない。

危険が遠くにある時、
勇敢になるのは簡単である。

自分の運命を甘受しなさい。
あらゆる面で頂点に立つなど、
人間に出来ることではない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る