陽明学者の名言 一覧

陽明学とは?

陽明学
書籍一覧

陽明学(ようめいがく/英語:Yangmingism)とは、中国の明代の儒学者・思想家「王陽明(おうようめい/1472-1529)」がおこした儒教の一派のこと。日本では明治以前は「王学」と呼ばれていたが、明治以降に「陽明学」という呼び名が広まり定着。また、幕末の維新運動も陽明学に影響を受けている部分が大きく、幕末の主な陽明学の信奉者には「吉田松陰」「高杉晋作」「西郷隆盛」「河井継之助」「佐久間象山」など名だたる人物が顔を揃えている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

陽明学者 一覧

あ行

大塩 平八郎(おおしお へいはちろう)
江戸時代後期の儒学者、陽明学者

や行

安岡 正篤(やすおか まさひろ)
多くの政治家や財界人の精神的指導者や御意見番として知られる陽明学者・思想家・教育者

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る