マーク・トウェインの名言

マーク・トウェインのプロフィール

マーク・トウェイン
書籍一覧

マーク・トウェイン(Mark Twain/1835年11月30日-1910年4月21日)は、、アメリカ・ミズーリ州出身の作家小説家。本名は「サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)」。『トム・ソーヤーの冒険』の著者として世界的に知られている人物であり、同著の他にも「ハックルベリー・フィンの冒険」や「王様と乞食」など多くの作品を残しています。他の作家からの評価も高く、20世紀アメリカ文学の巨匠として知られる「ウィリアム・フォークナー」が「(トウェインが)最初の真のアメリカ人作家であり、我々の全ては彼の相続人である」と称賛している他、同じくアメリカ文学の巨匠「アーネスト・ヘミングウェイ」が「あらゆる現代アメリカ文学は、マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィン』と呼ばれる一冊に由来する」との称賛を述べています。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著作

主な発表小説(邦題)に「不思議な少年(1916年)」「アダムとイヴの日記(1904年)」「ハドリバーグを堕落させた男(1900年)」「トム・ソーヤーの探偵(1896年)」「ジャンヌ・ダルクについての個人的回想(1895年)」「ノータリン・ウィルソンの悲劇(1894年)」「アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー(1889年)」「ハックルベリー・フィンの冒険(1885年)」「王子と乞食(1881年)」「トム・ソーヤーの冒険(1876年)」「金ぴか時代(1873年)」など。 主な発表エッセイ・旅行記等に「リンチ合衆国(1923年)」「シェイクスピアは死んでいるか?(1906年)」「人間とは何か?(1906年)」「赤道に沿って(1897年)」「アメリカの爵位権主張者(1892年)」「ミシシッピの生活(1883年)」「ヨーロッパ放浪記(1880年)」「西部放浪記(1872年)」「旅人トウェインのアメリカ(1869年)」などがある。

マーク・トウェインの名言集

人生に絶対確実なんてありえない。
ただ、チャンスがあるだけだ。

生涯を合衆国の大統領として
過ごすよりも、

一年間でいいから
シャーウッドの森で山賊をやりたい。

全てが間違っている
ということはありえない。

どんな壊れた時計でも
一日に2回は正しい時刻を示す。

アダムはリンゴが欲しかったから
食べたのではない。
禁じられていたから食べたのだ。

幻想をなくしてはいけない。
もしなくしてしまったら、
あなたは存在してはいても、
生きるのをやめたも同然だ。

私がこれまで思い悩んだことのうち、
98パーセントは取り越し苦労だった。

人の大望を鼻であしらう人間とは
つき合わぬことだ。
それが小人の常だから。

しかし真の大人物に会うと、
すばらしいことに、
こちらも大人物になれそうな
気持にしてくれる。

相手に気に入られる最上の方法は、
あなたが聞いたとおりに、
相手が語ったことを再び語ることだ。

四十八歳より前に
悲観主義者になる者は
物事を知りすぎであり、

四十八歳を越えてもなお
楽観主義者である者は、
物事を知らなさすぎる。

今から20年後、
あなたはやったことよりも、
やらなかったことに失望する。

マーク・トウェインの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る