ノーマン・ビンセント・ピールの名言

ノーマン・ビンセント・ピール(ノーマン・ヴィンセント・ピール)のプロフィール

ノーマン・ビンセント・ピール
著書一覧

ノーマン・ビンセント・ピール(Norman Vincent Peale/1898年-1993年)は、アメリカ・ニューヨークにあるマーブル協同教会の牧師自己啓発作家。 教会での力強い説教や教会の地下室に設けられたカウンセリングルームでのカウンセリングなどで多くの人々に教えを与え、「積極思考の使徒」「アメリカの良心」などと称されている人物。アメリカでは著名な伝道者の一人として知られており、1952年に出版した『積極的考え方の力』はアメリカで大ベストセラーを記録(その後、40か国語以上に翻訳され、全世界累計2000万部を突破)。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書(邦訳書/共著含む)に「積極的に考える」「積極的考え方のことば 自分を信じ、人を動かす金言567」「楽天の知学 こころは奇跡に満ちている」「人間的経営の力 自己と企業の成長哲学」「人生が驚くほど逆転する思考法」「人間向上の知恵」「成功の秘訣」「企業倫理の力 逆境の時こそ生きてくるモラル」「どうすれば最高の生き方が出来るか」「あなたの人生を変える40のみことば」「だれの辞書にも不可能という文字はない」などがある。

ノーマン・ビンセント・ピールの名言集

まずは、こころを
塀の向こうに投げたらいい。

ほかのものごとは、
あとからついてくる。

自分の考え方を変えなさい。
そうすれば世界が変わる。

人に好かれるのは、
人を好きになることの
裏返しにすぎない。

穏やかな安らぎを感じたいと思うなら、
口にする言葉に気をつけなさい。

平和で喜びにあふれた幸せな姿勢で
毎日を迎えるようにしなさい。

そうすることで、日々が充実した
気持ちのいいものになっていきます。

どんな問題にも
解決はあるのだと信じなさい。

情熱には
真の魔力がこもっている。

それが並の出来と
偉業との違いをもたらすからだ。

何の問題もない人間を見いだせるのは、
墓地の中を歩いているときだけだ。

行動すると
自信が湧いてくるだけでなく、
弱気になった気持ちを
立て直すことが出来る。

恐怖心のせいで動けないのではなく、
動かないから怖くなるのだ。

行動すれば
成功するかもしれないし、
軌道修正を迫られるかもしれない。

しかし、何もしないより、
とにかく動くことだ。

ところであなたが
恐がっているものは何だろうか。

あなたが引き止めているものは
何だろうか。

前方をさえぎっているものは
なんだろうか。

それをやってみることだ。
単純な論理には違いないが、
それをすることによって
不安を解消した人たちを、
私はたくさん知っている。

私の説得によって
それを実行した人たちは、
恐怖に負けるどころか
打ち勝っている。

どんなに最悪な状況になったとしても、
顔を上げて可能性に目を向けなさい。

あなたの目の前に可能性は常にあり、
いくらでも手の打ちようがあるのですから。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る