立川志らくの名言

立川志らくのプロフィール

立川志らく
書籍一覧

立川志らく(たてかわ しらく/1963年8月16日-/男性)は、東京都世田谷区出身の落語家映画評論家映画監督舞台演出家。本名は「新間 一弘」。日本大学芸術学部在学中(後に中退)に「7代目立川談志」に入門し、立川志らくを名乗る。1990年代に兄弟子「朝寝坊のらく」と「立川談春」とで立川ボーイズを結成し、深夜番組『ヨタロー』に出演。その後、古典に打ち込むようになり、1995年11月に真打昇進、2001年に彩の国落語大賞を受賞。映画好きとしても知られ、1997年に『異常暮色』で映画監督デビューを果たし、真打昇進後にシネマ落語等の分野を開拓。2003年からは劇団下町ダニーローズを主宰し、舞台演出家としての活躍も見せている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+朝日新聞どらく)

著書

主な著書(共著含む)に「立川志らくのシネマ徒然草」「DNA対談談志の基準」「談志・志らくの架空対談談志降臨!?」「談志のことば」「雨ン中の、らくだ」「落語進化論」「立川流鎖国論」「シネマ落語」「全身落語家読本」「立川志らくの現代映画聖書」「落語は最高のエンタ-テインメント 見る読む落語入門」「らくご小僧」などがある。

立川志らくの名言集

師匠はよく「俺は偽物だ」
と言っていました。

「俺は偽物だと分かっているから
本物なんだ」と。

本物は自分が
いかがわしい偽物であることを
分かっている。

だから、おびえが自信と
共存している。

それこそが本物の表現者であり、
芸術家でもあるんだと。

師匠が偉大過ぎるし、
到底あんな境地までは
いけないかもしれない。

でも、放棄したら、
自分の進化も止まる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る