Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
竹田和平の名言 第2集 | 地球の名言

竹田和平の名言 第2集

竹田和平の名言2

竹田和平
著書一覧

竹田製菓株式会社の代表取締役として知られる実業家・投資家「竹田和平」の名言 第2集をお楽しみください。

竹田和平の名言集

よく適材適所などといいますが、
人間である以上、人間はみんな適材です。

天がそのように
つくってくれているからです。

ただ、その適材が
適所にいることは少ない。

では、適所はどこにあるか。
わくわく仕事ができるところです。

その人がわくわく、
楽しく仕事ができる職業、
部署があるなら、
それはどんなちっぽけな会社の、
どんなつまらない仕事でも
適材であり適所なのです。

だから職業を選ぶにしても、
やっていて苦しいこと、
つらいことは、
なるべくしないほうがいい。

最初からわくわく、楽しく、
おもしろい仕事を選んだほうが
長続きするし、
したがって能力も伸びます。

仕事を会社の規模や
給料の多少で選んだら、
楽しさよりも
はるかに苦しさのほうが多く、
成功よりも失敗の確率のほうが
高くなるのです。

わくわく楽しい心が
成功につながる理由の一つは、
無理やムダなく出来る点です。

人間は苦しいと無理をします。
自分の能力以上、
背丈以上のことをしようとする。

でも、無理は長続きしませんから、
やっぱりうまくいかないのです。

わくわく楽しい心は、
面白いな、やりたいなという、
前向きな気持ちで占められていますから、
そこに無理は生じません。

どんなに大変な仕事でも、
苦を苦に感じることなくやれるのです。

なんのために儲けるか。
ほんとのポイントはそこ。

恐怖心は、
可能性をストップしてしまう。

「学問」とは
「問うて学べ」ということなんです。
問われて初めて学ぶ。

問われもしないのに押し込んでも、
その時の話として忘れてしまう。

命を燃やさないといかん。

自分が感動しなかったら、
人は感動しない。

結局、人間のやることは
似ているんですよ。

だから未来を見たいと思ったら
歴史を見ればいい。
そうすると未来がわかる。

歴史を見なくて未来を見ようといっても、
それはわからないと思いますよ。

結局、明日というのは、
「どうなる」じゃないんですよ。
明日は我々が「創る」んです。

仕事をする時に一番成功するのは、
「楽しい」ということですよ。

だから自分が楽しい、人が楽しい、
お客様が楽しい、みんなが楽しい。
これは成功します。

経営というのは自分が楽しんで、
お客様が楽しんで、
従業員が楽しむことですよ。

それが実現すれば、
成功します。

喜びを創造すると、
喜びが返ってくる。

ありがとうを創造すると、
ありがとうが返ってくる。

だからどんどん創造したほうが
勝ちですよね、人生は。

一人でやったら
何もできない。

ちょっと重たい物を動かすにも
二人いないことには動かない。

協力し合うことによって、
人間は偉大な創造ができる。

不可能が
なくなるわけです。

事業というのは、
世の中を良くして、
人々に福祉を行きわたらせることを
目指すものですから、

それに奉仕するのが
職業の真の姿です。

「良い世の中を創っていこう」
「そのためにみんなで頑張ろう」
という考えがあったら、

間違った方向に進むことは
ありません。

世の中、小細工なんかせず、
当たり前のことだけやれば、
うまく回るもんなんですよ。

どうすれば、
相手に喜んでもらえるかを
考えること。
そこにしか道はない。

竹田和平の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る