Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
渡邉美樹の名言 第3集 | 地球の名言

渡邉美樹の名言 第3集

渡邉美樹の名言3

渡邉美樹
著書一覧

ワタミ株式会社の創業者として知られる実業家「渡邉美樹」の名言 第3集をお楽しみください。

渡邉美樹の名言集

無理な人脈づくりは
意味がない。
まず自分自身を磨くことが大切。

きみたちが
何か事を成そうと思ったら、
一つのことをやればいいのだ。

それは何か。
当たり前のことを
当たり前に徹底してやり抜く、
というそれだけなのだ。

当たり前のことを
当たり前に徹底してやり抜くと、

そこには当たり前じゃない
結果が生まれる。
これが「凡事徹底」である。

無理を1週間続けたら、
無理じゃなくなる。

経営戦略を身に着けるには
経営学という学問があるわけですから、
それは学ぶべきでしょう。

マーケティングという
学問があるわけだから、
それも学ぶべきでしょう。

しかし、それらは技術です。
その技術をどう扱うか
というところに
最も重要なソフトがあって、

そのソフトは
人格なんじゃないかと思います。

その人格をどう磨くかというのが、
経営者にとって
一番大事なことだと思います。

仕事をするうえで
心得ておくべきことは、

一にも準備、二にも準備、
三にも準備。
徹底した準備が仕事を成功させる。

そこは当然、
お客様を思う心もある。

準備と心が揃って、
ようやく楽しい時間を
過ごしてもらうことができる。

理念の確立なくして
起業はありえない。

いかにして自分の理念を確立していくか、
努力ができるかで勝負は決まる。

業種で選ぶのではなく、
自分の本当にやりたいことを考える。

神様は不公平ではない。
金持ち貧乏、頭が良い悪い、
性格が良い悪い、足が長い短い、
そんなことは
人間の価値基準ではないのだ。

そんなことを
神様は何とも思っていない。

人間とは、
人間性を高めるために生きることが
一番の幸せなのではないか。

そうであれば、
金や地位や名誉で相手を判断し、
区別する見方ではなくて、
すべてにおいて自分たちは、
平等な戦いをしているのではないかと思える。

夢とは見続けるものではなく、
現実させるべきものだ。

夢に日付を入れて、
今日の行動を変えていくのである。

当然、そのプロセスにおいて、
どうしても計画に狂いが生じてくる。

予測不可能な明日なんて
いくらでもある。

それは、その都度計画を
書き直しながら進むのだ。

だたし、夢の現実と
決めた日付だけは変更してはならない。

経営資源については、
「人・物・金・情報」なんていいますが、
僕には人しかなかった。

夢を定めたら自分の生き方は、
その夢に向かって
努力する日々である。

そして、夢が実現した時、
自分の生き方自体が
説得力あるものになった。

夢のために何が必要か
学ぶべきものを見極め、
そこに根を張った。

こうしたひとつひとつの
努力の体験が、
夢は必ずかなえられる
という信念に成長していくのである。

渡邉美樹の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る