渡邉美樹の名言

渡邉美樹のプロフィール

渡邉美樹
著書一覧

渡邉 美樹(わたなべ みき/1959年10月5日-/男性)は、ワタミ株式会社の創業者として知られる実業家ビジネス書作家。神奈川県横浜市出身。明治大学商学部を卒業後、会計システムの会社に入社し、財務や経理の基本を学ぶ。その後、佐川急便でセールスドライバーとして1年間勤務し、独立資金300万円を貯め、1984年に有限会社渡美商事を設立(後にワタミフードサービスと改称)。居酒屋を主とした外食チェーンストア「つぼ八」の店舗を買い取る形で、フランチャイズ店オーナーとなり、順調に店舗数を増やし、1998年に株式上場、2002年に全300店舗を超えるまでの成長を果たす。2002年以降は、外食以外の産業にも進出し、2002年に農業、2005年に介護、2008年に高齢者向けの弁当宅配事業に参入。「地球上で一番たくさんのありがとうを集めるグループになろう」という理念のもと、事業を展開している。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス+朝日新聞どらく)

著書

主な著書(共著含む)に「渡邉美樹の夢をかなえる教科書」「渡邉美樹のシゴト進化論 ワタミのビジネスとニュースから学ぶ」「夢に日付を!夢をかなえる手帳術」「希望 渡邉美樹の日本復興プラン」「これだけで「組織」は強くなる 戦うリーダーの作り方」「きみはなぜ働くか。 渡邉美樹が贈る88の言葉」「14歳と学ぶ「働く」ための教科書」「勝つまで戦う 渡邉美樹の超常思考」「「戦う組織」の作り方 リーダーの覚悟が、人と会社をここまで強くする!」「ありのまま、愛すること。」「あと5センチ、夢に近づく方法 渡邉美樹が戦いながら身につけた起業論」「強く、生きる。 夢とともに人は成長する」「父と子の約束 ワタミの成功を生んだ人間哲学の原点」「教育崩壊 「夢教育」で私が再生に挑む」「使う!「論語」」「もう、国には頼らない。 経営力が社会を変える!」「夢のスイッチ あなたの夢の見つけ方」「「夢」を仕事に! 12人の夢達人が伝えたい大切なこと」「こうすれば社長になれる」「強運になる4つの方程式 もうダメだ、をいかに乗り切るか」「父と子の約束」「ただ成功のためでなく」「社長が贈り続けた社員への手紙」「前略…。 青年社長・渡邉美樹が贈る30通の返信」「サ-ビスが感動に変わる時 青年社長渡邉美樹の社員への熱いメッセ-ジ」「東京を経営する」「思いをカタチに変えよ! だれもが人生の主人公で生きるために」「幸せの哲学「存在」対「効果」 「人のため」ではなく、「自分のため」に、ただただ「ありがとう」を集めたい」「さあ、学校をはじめよう 子どもを幸福にする青年社長の教育改革600日」「「ありがとう」の伝説が始まる時」「14歳からの商い 「働く」ことの意味がわかる教科書」「無人島ウィ- 地球でたったひとつの教科書」「大切なことは糸ばあちゃんに教わった」などがある。

渡邉美樹の名言集

一つひとつは
小さなことだけれど、
その積み重ねがとても大事。

なぜ夢を持てないのかというと、
知識が足りないからなんです。

例えば、地球環境の問題や
食糧問題などをしっかりと伝え、
自分のポジションを
世界の中で見つめ直させると、
世界のこと、自分のことを
一生懸命考えるようになります。

社会に関心を持つことで、
何か自分もアクションを
起こさなければ
という気になっていくし、

おのずと自分の夢、
目標も見えてきます。

せっかく生まれたんだから、
この人生を全うしたい。

同じことを繰り返したくないし、
安住してのんびりする気も全くない。

私の欲というのは、
「ありがとう」が
たくさん集まることなんです。

つまり、「お前がこの世にいてよかった」
という存在になりたい。

だからこそ、
最大の「ありがとう」のために、
どこを攻めたらいいのか、

どの扉を開けたら
「ありがとう」が詰まっているのかを、
常に考えていますね。

確かに苦しみもありましたが、
起業してからは基本的に
自分が好きなことしかしていない。

仕事が人生そのもの、
今も仕事が楽しくてたまらないです。

どんなに仕事が楽しくても、
その中にずっといると
「楽しさ」がわからなくなったり、
飽きてしまったりします。

それが怖いので、
自分を振り返るために、
毎月(屋久島へ)行っています。

父と子で一番大事なのは、
父親が仕事を語ること。

日本人って、 小学生の時の夢が一番大きくて、
年を重ねるごとに
小さくしぼんでいくでしょう。

私は全く逆。
年齢と共に夢はどんどん
大きくなっていく。

死ぬ時に一番大きな夢を
持っている人間でありたい。

そういう気持ちでいると
絶対に「余生を」なんて思わないですよ。

人生を楽しめるかどうかは、
その発想の差なんじゃないかな。

「人より優れよ」ではなく、
「自分だけの道を見つけなさい」
と教えるべき。

夢と現実をつなげるのが
時間だと思ってるんです。

だから、日付を入れて、
今日との差を明確にする。

そして、それを日数で割ってしまえば、 今日やらなければならないことが
明確になってくる。

無理をすれば、
それは無理じゃなくなる。

無理を一週間続ければ、
無理じゃなくなるんです。

人間には慣れがありますから。
最初に考えた時に、
これは無理だなと思うことも、
実際はそんなには無理なことではないし、
最終的に無理じゃなくなるんです。

また、無理をして自分自身を追い込むことで
結果的に成長できる。

渡邉美樹の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る