野口健の名言

野口健のプロフィール

野口健
書籍一覧

野口健(のぐち けん/1973年8月21日-)は、アメリカ・マサチューセッツ州出身の日本人登山家であり、七大陸最高峰の世界最年少登頂記録(当時)を樹立したことで知られる人物。元外交官の「野口 雅昭(のぐち まさあき)」とエジプト人の母との間に生まれ幼少期を海外で過ごし、カイロ日本人学校、イギリスの立教英国学院小学部・高等学校を経て、日本の亜細亜大学に入学。高等学校在学時代に登山家「植村 直己(うえむら なおみ)」の著者に影響を受け、登山を始め、亜細亜大学入学後から、世界の名立たる山々への挑戦を開始。世界各地で最年少登頂記録を樹立し、大学卒業前の1999年に世界最高峰エベレストに3度目の挑戦で登頂成功。当時の七大陸最高峰の世界最年少登頂記録を樹立。以降は、清掃登山も開始するようになり、これはエベレストへの挑戦の際に積極的にごみ拾いを行うヨーロッパ登山隊のそばで、日本隊が捨てたごみをテレビスタッフと共に見つけ衝撃を受けたことがきっかけとなっているとのこと。この経験以降、環境問題への意識を強く持つようになり、世界各国で清掃登山を精力的に行い、同時期にシェルパの遺族を救うシェルパ基金も設立。現在は、日本の各地の国立公園や山、講演会、自然教室などで「富士山から日本を変える」をスローガンに、環境問題に対する運動を行っている。(参考文献:リクルートエージェント+ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書(共著含む)に「落ちこぼれてエベレスト」「それでも僕は「現場」に行く」「100万回のコンチクショ-」「確かに生きる 10代へのメッセ-ジ」「あきらめないこと、それが冒険だ エベレストに登るのも冒険、ゴミ拾いも冒険!」「自然と国家と人間と」「富士山を汚すのは誰か 清掃登山と環境問題」「大冒険術 ぼくらはなぜ世界に挑むのか」などがある。

野口健の名言集

死にそうな目に遭うと、
山に登るのが怖くなります。

エベレストも2回登頂に失敗し、
1回目は意識を失って半死状態のまま、
かついで降ろしてもらったんです。

「次に行ったら本当に死ぬ」
という恐怖に囚われながら、
「じゃあ止めるのか?
また何もなかった頃の自分に戻るのか?」
って考えると、
僕はそっちのほうが怖かったんですよ。

挑戦を続けるのも止めるのも怖い。
「どっちも怖いんだったら、やるしかない」。
そう思って再挑戦の決意を固めました。

エベレストに登りたい若者は
大勢いたと思うんですよ。

ただ、「やりたい」と口で言うことはできても、
「実践する」のは違う。

そこまで実際に
自分でやるってことなんですよね。

若い人はすぐに結果を求めて、
「コツコツと続ける」という地味な行動に
ウエイトを置かないけど、

結果的には、その積み重ねが大きな
アクションにつながっていくんです。

何事もすぐに結果は出ません。
過程を楽しめるようにならないと
大きな仕事を成し遂げることは
できないと思いますね。

どんなことでも、
「これはダメだ」
とあきらめるのではなく、

「ではどうするか」
と考えることに大きな意味がある。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る