土井哲の名言

土井哲のプロフィール

土井哲

土井 哲(どい さとし/男性)は、株式会社インヴィニオ代表を務める実業家経営コンサルタント。東京大学経済学部を卒業後、東京銀行(後の三菱東京UFJ銀行)に入行。在職中にマサチューセッツ工科大学 スローン経営大学院を卒業。1992年にマッキンゼー・アンド・カンパニーに移り、通信・ソフトウェア業界を中心にコンサルティング業務に従事。その後、ベンチャー企業の支援を行うコンサルティング会社設立への参画うを経て、1997年に株式会社プロアクティア(後の株式会社インヴィニオ)を設立し、代表取締役社長に就任。『人材開発』『組織開発』を中心にコンサルティング事業を展開している。


目次 -もくじ-

1.主な著書

2.参考文献・出典

3.名言集

主な著書

  • 『プロフェッショナル・プレゼンテーション:ロジカル・プレゼンテーションのすべて』東洋経済新報社(高橋俊介との共著)
  • 『「なぜか成果が出てしまう人」の習慣術:ハイパフォーマーなら誰もがやっている驚異の方法論』東洋経済新報社(高木進吾との共著)
  • 『35歳までにプロフェッショナルになろう!:本格的人材流動化時代をどう生きるか』ダイヤモンド社

参考文献・出典

  • [本]土井哲(2012)『「なぜか成果が出てしまう人」の習慣術』東洋経済新報社
  • [web]株式会社インヴィニオ公式HP(invenio.jp)

土井哲の名言集

『「なぜか成果が出てしまう人」の習慣術』東洋経済新報社より

前に進めるべきは
プレイヤー(自分)ではなく
ボール(仕事)。

課題は本当に必要な
たった一つに絞り込もう。

器とは対極を抱え込む
エネルギーの大きさ。

ハイパフォーマーと
そうでない人を分けているのは

自分の視点で
自分を見るか。

相手の視点で
自分を見るか。
この違いです。

ハイパフォーマーは
自己実現よりも

人の役に立つことを
優先する。

まず、目指すべき
結果を固めましょう。

手段はそれから
考えればいいのです。

話がわかりやすいというのは
相手(聞き手)の負担が
軽いということです。

「言葉が曖昧」というのは
多くの場合
「思考そのものが曖昧」
ということなのです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る