石原壮一郎の名言

石原壮一郎のプロフィール

石原壮一郎

石原壮一郎(いしはら そういちろう/1963年3月12日-/男性)は、三重県出身のコラムニスト著述家。埼玉大学教養学部在学中にミニコミ誌のサークルを結成。同サークルで制作したミニコミ誌が2000部ほどの売り上げを記録。同誌のヒットをきっかけに取材を受けるなどの評判となり、平凡社の月刊誌『QA』の編集者となる。その後、月刊誌『ID-JAPAN』の創刊などに携わり、1993年に初の単行本『大人養成講座』を出版。以降も大人をテーマにした著書を次々に発表し、独特の文体で「大人のありかた」を論じている。また、故郷の名物「伊勢うどん」のファンであることを公言しており、2013年に「伊勢うどん大使」に就任。2016年には「松阪市ブランド大使」に就任している。


目次 -もくじ-

1.主な著書

2.参考文献・出典

3.名言集

主な著書

  • 『大人養成講座』扶桑社
  • 『頭のいい人は知っている大人の言葉の選び方:すぐに実践したくなるデキる言葉500フレーズ-「言葉選び」ひとつで相手の印象は9割良くなる!』日本文芸社
  • 『職場の理不尽:めげないヒント45』新潮社(岸良裕司との共著)
  • 『日本人の人生相談:「悩み』は「おもしろい」-あなたの見識をガラリと変える「答え」がここにある』ワニブックス(イラスト:ひさうち みちお)
  • 『石原壮一郎のオトナの怒り方:さらばガマン・イライラ・怒り損』青春出版社
  • 『大人養成講座番外編:お金を極める100の名言』ダイヤモンド社
  • 『季節と暮らしのマナーとコツ』学研教育出版(監修)
  • 『おつきあいのマナーとコツ』学研プラス(監修)
  • 『大人力検定DX』文藝春秋
  • 『オトナの学歴図鑑:お付き合いの秘訣教えます』双葉社(越智良子との共著)
  • 『笑われ力』ポプラ社(監修)
  • 『大人の女 養成講座』扶桑社(イラスト:ひさうち みちお)
  • 『35歳までに知っておきたい大人の名言:この知恵で「人生、こう困らない」』三笠書房
  • 『30女という病:アエラを読んでしまう私の悲劇』講談社
  • 『哲学者に訊け!:大人の男女関係・その叡智と真実-大人の遊びに必要なのはマニュアルじゃなくて哲学だ』集英社インターナショナル

参考文献・出典

  • [本]石原壮一郎(2006)『大人養成講座』扶桑社(PB版)
  • [本]石原壮一郎(2012)『大人養成講座番外編:お金を極める100の名言』ダイヤモンド社
  • [本]石原壮一郎(2012)『おつきあいのマナーとコツ』学研プラス
  • [web]大人マガジン:石原壮一郎 公式HP(otonaryoku.jp)
  • [web]フリー百科事典Wikipedia日本語版/石原壮一郎(ja.wikipedia.org)

石原壮一郎の名言集

『大人養成講座』扶桑社より

早く帰りたい時は
手伝いを申し出るのが
大人のマナー。

見てみぬふり
気付かなかったふり
ができないようでは
大人失格。

『大人養成講座番外編:お金を極める100の名言』ダイヤモンド社より

商売とは
売って喜び
買って喜ぶように
するべきである。

そこに喜びがなければ
商売とは言えない。

人を不幸に
するようなことで儲けても

醜い心貧しい人に
なるだけです。

金がないから
何もできないという人間は

金があっても
何もできない。

『おつきあいのマナーとコツ』学研プラスより

勝ち負けで
物事をとらえないように

人としてどっちが偉いという
優劣ではありません。

役割の違いがあるだけで
「人として」はみんな平等。

それぞれが自分の役割を果たし
お互いに尊敬しあうこと。

自分の「正解」が
相手にも「正解」とは
限らない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る