堀井雄二の名言

堀井雄二のプロフィール

堀井雄二

堀井 雄二(ほりい ゆうじ/1954年1月6日-/男性)は、『ドラゴンクエストシリーズ』の生みの親として知られるゲームデザイナー。兵庫県洲本市出身。早稲田大学在学中の1975年頃に漫画研究部の仲間と共に書籍を執筆したのを機にフリーライターとして活動を始め、1980年よりみのり書房『月刊アウト』の投稿コーナーのひとつを担当。この頃に資料整理のためパソコンを導入し、パソコンゲームと出会い、しだいに自作するようになる。1982年より『月刊アウト』の担当コーナーが「ゆう坊のでたとこまかせ」にリニューアルされ人気を博し、同年に開催された第1回ゲーム・ホビープログラムコンテスト(エニックス)の取材時に自身も作品(『ラブマッチテニス』)を応募。堀井の作品は入選プログラム賞を受賞。1983年にPC用アドベンチャーゲーム『ポートピア連続殺人事件』を手掛け、ゲーム業界でその名を知られるようになる。1986年にファミコン用RPG『ドラゴンクエスト』を発表。アクションやシューティングゲームが主流であった当時のファミコン業界において、広大なマップを冒険して成長していく正統派RPG(ロールプレイングゲーム)を発表し話題となる。1988年に発表された『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』(第3作目)では社会現象となるほどの人気を獲得し、現在では「国民的RPG」と呼ばれるなど長年に渡って愛されている。


目次 -もくじ-

1.作品一覧

2.参考文献・出典

3.名言集

作品一覧

  • 『ドラゴンクエストシリーズ』(1986年-)
  • 『いただきストリートシリーズ』(1991年-)
  • 『クロノ・トリガー』(1995年)
  • 『ポートピア連続殺人事件』(1983年)
  • 『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』(1984年)
  • 『軽井沢誘拐案内』(1985年)
  • 『ファミコンジャンプII 最強の7人』(1991年)

参考文献・出典

  • [TV]ドラゴンクエスト30th ~そして新たな伝説へ~(2016)NHK年末特番
  • [web]フリー百科事典Wikipedia日本語版/堀井雄二(ja.wikipedia.org)

堀井雄二の名言集

「ドラゴンクエスト30th ~そして新たな伝説へ~」(NHK)より

人生は
ロールプレイング。

人生の主人公は
あなたなんだから
あなたを幸せにするのは
あなたしかいない。

あなたが主人公で
面白い物語にしてください。

誰かの人生の脇役
じゃない。

だから人の目を気にしたり
人と比べたりしないで
ちゃんと自分を
生きればいい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る