鈴木進介の名言 第2集

鈴木進介の名言 vol.2

鈴木進介 第2集

株式会社コンパスの代表取締役を務める経営コンサルタント、実業家、ビジネス書作家「鈴木進介」(すずき しんすけ)の名言 第2集です。

※参考文献・出典などの詳細情報は第1集に記載しています。

鈴木進介の名言集2

『問題解決のためのセパレート思考』フォレスト出版より

思考を整理すれば
問題の9割は解決できます。

物事をシンプルに捉えることは
エネルギーの集中を生み
問題解決のスピードが上がる。

頭はいいのに
成果が出ない人は
「思考のメタボ」。

成果の出ない選択肢は
捨てること。

人の心は「得たい」よりも
「回避したい」を重視します。

100点を取るべき仕事と
60点でいい仕事を見極めろ。

最初から100点を目指すと
動けなくなる。

一流は仕事を手放し
二流は抱え込む。

一流は不動心をもち
二流はパニックを起こす。

頭の中にある選択肢を
「価値があるもの」と
「価値がないもの」に
セパレート(仕分け)しよう。

頭の中を整理すれば
本来集中すべきことに集中し
その人や会社が持つ価値観を
最大限に引き出してくれます。

頭が良い人ほど
自分の頭脳を過信し
頭の中だけで答えを出そうと
してしまいます。

ポイントは
紙に書き出すことです。

複数の選択肢が
絡まり合ったままだと
何から手をつければいいのかが
見えてきません。

頭の中の選択肢を
「価値があるもの」と
「価値がないもの」に
仕分けすれば

「今どこに集中すべきなのか」
「本質は何なのか」が
瞬時に見えてきます。

複雑化する時代のリーダーには
しっかりと物事を整理して
筋道をつけることが
求められます。

整理しないまま
人をリードしたら
混乱状態に陥ります。

リーダーと言えば
ビジョンを語り
高いスキルと情熱を持って
人を引っ張っていく
イメージを持ちがちですが

「整理する力」がなければ
人や会社をリードしていく事は
できません。

世界の最先端は
「引き算」です。

いかに雑念や
頭の中のゴミを取り除き
一つの事に集中できるかです。

目標は「定量目標」
(数値化できる目標)と

「定性目標」
(感覚的な目標)に
分けること。

『スマホは捨てろ!』扶桑社より

「無難な人」と同じ振る舞いを
していてはいけない。
逆を行け。

あなたの価値を
世間が認めるのは

みんなと違う発想で
みんなと違う行動を
とった時です。

『30代こそ「奴隷」から抜け出そう!』フォレスト出版より

夢は途中で変えていい。
今現在の自分の気持ちを
もっと大事にした方がいい。

自分の夢やその計画が
足かせになっているなら
一度リセットすることが大事。

半年に一度
理想の計画を書き直せ。

鈴木進介の名言一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る