長野慶太の名言 第3集

長野慶太の名言 vol.3

長野慶太 第3集

ネバダ・ジャパン・コンファレンス代表を務める実業家、ビジネスコンサルタント、ビジネス書作家「長野慶太」(ながの けいた)の名言 第3集です。

※参考文献・出典などの詳細情報は第1集に記載しています。

長野慶太の名言集3

『プロの残業術。』草思社より

人間の潜在能力は
あまり変わらない。

スキルの高さは
かけた時間に比例する。

押しつけの練習では
能力は引き出せない。

自腹を切らない研修は無意味。

急いては事を仕損じる。
「考える時間」を確保しろ。

考える時間を惜しむから
仕事が粗くなる。

考える時間は
効率化しなくていい。

ハンデはある方がいい。
ハンデを克服した時
力が伸びる。

夢は追うけど
急がない。

生き方や生きがいまで
企業にお膳立てして
もらおうなんて
わがまますぎる。

ビジネス書は
残業を「おバカさんの居残り」
であるかのように煽るが
決してそうではない。

腕のいいシェフになりたければ
その秘訣は
「効率のよい卵のとき方」でも
「効率のよい肉のさばき方」
でもない。

誰よりも長い時間
調理場に立つよりほかに
方法はないのだ。

仕事の意味が明確で
意義があるとき
人間はどこまでも頑張れる。

うんざりするような仕事も
意味が明らかにして
意義を見出せば
いくらでも頑張ることができる

長野慶太の名言一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る