長野慶太の名言 第2集

長野慶太の名言 vol.2

長野慶太 第2集

ネバダ・ジャパン・コンファレンス代表を務める実業家、ビジネスコンサルタント、ビジネス書作家「長野慶太」(ながの けいた)の名言 第2集です。

※参考文献・出典などの詳細情報は第1集に記載しています。

長野慶太の名言集2

『働くプロの心の整理術』青春出版社より

あきらめないということは
夢は破れてないということ。

仕事ができる人は
「心の雑音」を
うまく消している。

悩みや痛みは
必要不可欠なものだと気づけ。

逃げれば逃げるほど
心は悩みに占領される。

人を憎むことは
その相手に
自分の人生のハンドルを
握られることに他ならない。

あなたに悪口を言った本人は
すでにそのことを忘れている。

相手にあなたの
思考と言動のハンドルを
握らせてはいけない。

腹が立ったときの
大原則がある。

それはDo Nothing
(何もしないことを選択せよ)
ということだ。

『英語は恥ずかしいほどゆっくり話しなさい!』ダイヤモンド社より

ミスを許容しないから
伸び悩むという真実。

早く話そうとするのは
間違い。

「間」が大切なのは
日本語も英語も同じ。

『ビジネスマンのための「頭」の整理術』草思社より

整理整頓の原則は
「あなたにとって
本当に役立つもの」
以外は捨てる。

時は金なり。
どんな行動にも
お金がかかっている。

時間のムダにつながる作業は
一切するな。

いつでも
脳にゆとりを。

長野慶太の名言一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る