長野慶太の名言

長野慶太のプロフィール

長野慶太

長野 慶太(ながの けいた/1965年-/男性)は、東京都出身の実業家、ビジネスコンサルタント小説家、ビジネス書作家評論家。ネバダ・ジャパン・コンファレンス代表。慶應義塾大学経済学部卒、米国ウォーデン大学院修士(MBA)卒。三井銀行(後の三井住友銀行)に約10年間勤務した後、ラスベガスの弁護士事務所Woods Erickson Whitaker & Mauriceに勤務。その後、対米進出のためのビジネスコンサルティング会社ネバダ・ジャパン・コンファレンスを起業。これまでに約2,000社のクライアント、約250社の会社設立支援などを手掛けている。またビジネス書を多数執筆しているほか、小説家としての一面もあり、2011年に『女子行員・滝野』で三田文学新人賞、『神様と取り引き』で日経小説大賞を受賞している。


目次 -もくじ-

1.主な著書

2.参考文献・出典

3.名言集

主な著書

  • 『TIME×YEN 時間術:すべての時間を成果に変える31の鉄則』草思社
  • 『働くプロの心の整理術』青春出版社
  • 『英語は恥ずかしいほどゆっくり話しなさい!:初心者でも伝わる英会話、スロー・イングリッシュのすすめ』ダイヤモンド社
  • 『営業は絶対、謝るな!:圧倒的に売れる「合理的な覚悟」』光文社
  • 『プロの残業術。:一流のビジネスマンは、時間外にいったい何をしているのか?』草思社
  • 『ビジネスマンのための「頭」の整理術:ストレスで散らかった頭を整理してラクになる30の方法』草思社
  • 『プロの交渉術。:どんな場面でも絶対負けない28の最強ノウハウ』大和書房
  • 『ラスベガス 黄金の集客力:砂漠の真ん中に3500万人呼び込む8つの秘訣』ダイヤモンド社
  • 『なぜ、この国は儲からなくなったのか?』ユナイテッド・ブックス
  • 『企業支援銀行(コンサルティングバンク):投資家も唸るビジネスプラン物語』金融財政事情研究会
  • 『アホな上司のもとで働く21の法則』光文社
  • 『部下は育てるな! 取り替えろ!!:勝つ組織を作るために』光文社
  • 『辞表を出して次へ行け!:もうガマンするな!』大和書房
  • 『ローラの炎』日本経済新聞出版社
  • 『白い砂丘』小学館
  • 『KAMIKAKUSHI 神隠し』日本経済新聞出版社
  • 『県営カジノを立て直せ!』小学館
  • 『社運』小学館

楽天ブックスで著書を検索 / Amazonで著書を検索

参考文献・出典

  • [本]長野慶太(2009)『TIME×YEN 時間術:すべての時間を成果に変える31の鉄則』草思社
  • [本]長野慶太(2012)『働くプロの心の整理術』青春出版社
  • [本]長野慶太(2012)『英語は恥ずかしいほどゆっくり話しなさい!』ダイヤモンド社
  • [本]長野慶太(2009)『プロの残業術。』草思社
  • [本]長野慶太(2011)『ビジネスマンのための「頭」の整理術』草思社
  • [本]長野慶太(2010)『プロの交渉術。』大和書房
  • [本]長野慶太(2010)『なぜ、この国は儲からなくなったのか?』ユナイテッド・ブックス
  • [本]長野慶太(2012)『部下は育てるな! 取り替えろ!!』光文社
  • [本]長野慶太(2008)『辞表を出して次へ行け!:もうガマンするな!』大和書房
  • [web]Nevada Japan Conference, Inc.(usjapan21.com)
  • [web]フリー百科事典Wikipedia日本語版:長野慶太(ja.wikipedia.org)

長野慶太の名言集

『TIME×YEN 時間術』草思社より

あなたには消費している時間が
見えているだろうか?

生きるとは
死に向かって時間の貯蓄を
切り崩していくことである。

「ちゃちゃっとやればいい」
という発想は金輪際捨てろ!

「ちょっとした作業」ほど
時間を食うものはない。

「対時間効果」で考えろ。
すべての取捨選択を
「時間」の観点で判断せよ。

時間の見積もりを得た瞬間
仕事は激変する。

「時間の出費」の
予想が立たない仕事から
手をつけるな。

魔法など存在しない。
あるのは時間配分の
バランスだけ。

頑張っても
どうにもならない時は
「時間配分」を変えろ。

目標を持った瞬間に
行動の質が変わる。

あなたは何を削って
時間を手に入れるか?

何かを捨てない限り
その忙しさは終わらない。

仕事量ではなく
時間をノルマにせよ。

時間術とは
生き方を意識し
直す方法である。

「あとでやる」が
あなたの信用と時間を
ズタズタにする。

長野慶太の名言一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る