A・A・ミルンの名言

A・A・ミルンのプロフィール

クマのプーさん
書籍一覧

アラン・アレクサンダー・ミルン(Alan Alexander Milne/1882年1月18日-1956年1月31日)は、イギリスの児童文学作家ファンタジー&推理作家詩人劇作家。「クマのプーさん」シリーズや『赤い館の秘密』の作者として知られる人物であり、日本では童話や童謡作品で著名。大学在学中にイギリスのユーモア誌『パンチ』に投稿をはじめ、同誌の編集助手を経て作家として独立。代表作でもある『クマのプーさん』は、息子のクリストファー・ロビン・ミルンのために書かれた作品であったとのこと。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

作品

主な発表作品に「クマのプーさん・シリーズ」「赤い館の秘密」「うさぎ王子」「ユーラリア国騒動記」「こどもの情景」「ヒキガエル館のヒキガエル」「四日間の不思議」などがある。

A・A・ミルンの名言集

一人になった時に
ふと考えることがある。

それは、これまで
どれほど稼いだかでなければ、
どれほど有名になれたかでもない。

「何か社会に役立つことをしているか」
ということである。

君が100年生きるなら、
僕はその100年の1日前まで生きていたい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る