鈴木おさむの名言

鈴木おさむのプロフィール

鈴木おさむ
書籍一覧

鈴木おさむ(すずき おさむ/1972年4月25日-)は、千葉県安房郡出身の放送作家脚本家作詞家作家。本名は「鈴木 収(すずき おさむ)」。ペンネームは「すますま・すずき」。妻は森三中の「大島 美幸(おおしま みゆき)」。バラエティ番組「夢で逢えたら」を観て放送作家を志すようになり、大学1年生の時に芸能プロダクションの芸人採用オーディションに潜り込み、審査員として参加していた放送作家の「前田昌平」に師事。大学中退後に、ラジオ番組『WHAT’S UP SMAP!(パーソナリティ:木村拓哉)』を担当し、テレビ番組『SMAP×SMAP』にも作家として参加。SMAPやキャイ~ン、ココリコなど、複数の人気芸能人のブレーンとして知られる他、脚本家としても数々のヒット作を手掛けている。著書も多く、妻の大島美幸との馴れ初めを描いた「ブスの瞳に恋してる」はドラマ化もされている。(参考文献:リクルートエージェント+ウィキペディア+楽天ブックス)

担当番組

主な担当番組(構成・コンセプのみ含む)に「森田一義アワー 笑っていいとも!」「SMAP×SMAP」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「中居正広のボクらはみんな生きている」「SmaSTATION!!シリーズ」「『ぷっ』すま」「もしもツアーズ」「ココリコミラクルタイプ」「いきなり!黄金伝説。 」「爆笑問題の検索ちゃん 」「お願い!ランキング GOLD」「なるほど!ザ・ワールド(2004年-)」「¥マネーの虎」「人生が変わる1分間の深イイ話」「スター☆ドラフト会議」「ウンナンのホントコ!」「ピン子の時間」「ドリーム・プレス社」「火曜曲!」「学校では教えてくれないこと!!」「クイズプレゼンバラエティー Qさま!! 」「お願い!ランキング」「めちゃ×2イケてるッ!」など多数。

鈴木おさむの名言集

僕がここまでこれたのは、
年長の先輩たちの度量の大きさのお陰だとも
思っているんですよ。

だって、いくらアピールしていたとは言え、
よくもまあ、23歳の若造に
チャンスをくれる気になったなあ
って思うわけですよ。

若手にチャンスを与えるには
すごく勇気がいる。

野球だって、どんなに能力があっても
監督が「こいつを使う」と決断しないと
打席に立てないじゃないですか。

僕は当時、それにとても感謝し、
彼らに恥をかかせないように、
それこそ寝ないで、
死ぬほど努力をしました。

根性論みたいですけど、
楽しい場に居続けるには、
ものすごくもがいてないと
いけないじゃないですか。

しんどくても、
それも含めて楽しいと思えるかどうかが
大事でしょう。

世の中を見回してみても、
自分の思いを行動に移す人って、
1万人いたら、せいぜい100人ぐらい
しかいないんじゃないでしょうか。

たった一歩を踏み出せばいいことなのに、
意外とできる人は少ない。
本当にもったいない話です。

もちろん、事を起こす前には、
じっくり考えたり、リサーチすることも
必要なんでしょうけれど、

大事なのは企てを実行に移すことが
どれだけできるかじゃないでしょうか。

自分の力を
今日ここで使い切るぞ
という勢いでやってますからね。

でも不思議なことに、
ゆとりを残して力を出し惜しむより、
使い切ったほうがまた元気に走れる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る