講談師の名言 一覧

講談とは?

講談師

講談(こうだん)とは、軍記物や政談など主に歴史にちなんだ読み物を観衆に読み上げる日本の伝統芸能のひとつ。落語と共通している部分も多いが、観衆を笑わすことに主眼を置いている落語に対し、講談は読み物を観衆に読み上げることに主眼が置かれている点で異なる。また、釈台(しゃくだい/小さな机)の前に座り、張り扇でそれを叩いて調子を取りるのが一般的なスタイルになっている。ただし、講談師が落語の定席に出席することもあるほか、逆に落語家が講談を行うこともある。講談が全盛期を迎えたとされるのは江戸末期から明治時代にかけてであり、明治末期には講談を書籍化した「講談本」が人気を博した。しかし、しだいに浪曲(三味線を伴奏に話を語る・歌う)、昭和に入ると漫才など他の大衆芸能や大衆メディアの発達に伴い衰退。戦後はGHQによって忠孝(君主に対する忠義)や仇討ちに関する一切の上演が禁止され、テレビの普及もあり衰退を続けることになる。現在においては落語界と比較すると女性の進出がめざましく、講談師の所属団体である講談協会・日本講談協会では男性より女性の協会員のほうが多い傾向がある。

(参考文献・出典:Wikipedia)

楽天ブックスで書籍を検索 / Amazonで書籍を検索

講談師 一覧

あ行

一龍斎 貞水(いちりゅうさい ていすい)
人間国宝に認定された「怪談の貞水」の異名を持つ講談師

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る