山中伸弥の名言

山中伸弥のプロフィール

山中伸弥

山中 伸弥(やまなか しんや/1962年9月4日-/男性)は、大阪府枚岡市出身の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授。iPS細胞研究で知られる医学者であり、2012年に「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」によりノーベル生理学・医学賞を生物学者のジョン・ガードン(John Gurdon)と共に受賞。元々は臨床医志望であり、神戸大学卒業後は国立大阪病院整形外科で臨床研修医として勤務。しかし重症患者を救うを研究するために研究者志望へと変更。1989年に大阪市立大学大学院へ入学。その後、カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所へ博士研究員として留学を行い、トーマス・イネラリティの下でiPS細胞研究を開始。帰国後は日本学術振興会特別研究員、大阪市立大学薬理学教室助手を経て、奈良先端科学技術大学院大学で研究を行う。同大学在籍時にiPS細胞の開発に成功し、2004年に京都大学へ移る。2006年にアメリカの学術雑誌セルにマウス人工多能性幹細胞(iPS細胞)の論文を発表。翌年にヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)を科学誌セルに論文として発表し、世界的な注目を集める。2008年に紫綬褒章、2010年に文化功労者、2012年に文化勲章を受章。

(参考文献・出典:Wikipedia+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

書籍一覧

主な書籍(共著・監修書等)に『iPS細胞が医療をここまで変える 実用化への熾烈な世界競争/PHP研究所(監修)』『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた/講談社(聞き手:緑慎也)』『賢く生きるより辛抱強いバカになれ/朝日新聞出版(稲盛和夫との対談書)』『プレゼン力 未来を変える「伝える」技術/講談社(伊藤穰一との共著)』『大発見の思考法 iPS細胞vs素粒子/文藝春秋(益川敏英との対談書)』『夢を実現する発想法/致知出版社(川口淳一郎との共著)』『iPS細胞ができた!ひろがる人類の夢/集英社(畑中正一との共著)』などがある。

楽天ブックスで著書を検索 / Amazonで著書を検索

山中伸弥の名言集

夢・成功について

仮説が外れることなんて
よくあることです。

失敗するからこそ
「なぜ」という
疑問が生まれる。

その原因を探って
再チャレンジすることで
新しい扉が開くんです。

失敗しなければ
成功は手に入らない
と断言してもいい。

挫折や失敗こそ
新たな変化へのチャンス。

失敗は決して
恥ずかしいことでは
ありません。

恥ずかしいのは
失敗ではなく
失敗を恐れて何もしないこと。

日本人はどちらかというと
失敗しないように
落ちこぼれないようにと
人生を歩もうとします。

日本の優秀な学生は
安定した大企業に就職しようと
する人が多いですが

アメリカだと優秀な人ほど
ベンチャー企業に行きたがる。

たとえ失敗したとしても
それで終わりではないと
知っているからです。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る