Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
横川竟の名言 | 地球の名言

横川竟の名言

横川竟のプロフィール

横川竟

横川 竟(よこかわ きわむ/1937年11月1日-/男性)は、長野県諏訪市出身の実業家。きわむ元気塾塾長。高倉町珈琲会長。ファミリーレストランチェーン「すかいらーく」の創業者の一人。教員であった父が開拓団のリーダーになったため、3歳の時に一家で満州に渡る。父が病気で亡くなったため、約3年間の満州暮らしを経て長野県に戻る。長野県諏訪中学校を卒業後、東京の冷蔵庫製造工場で住み込みで働く。1955年に東京の築地にある乾物問屋「伊勢龍」に移り、ここで商売の基礎を身につける。1962年に当時の東京都北多摩郡保谷町にあった2700戸を誇る巨大団地「ひばりが丘団地」前の商店街内雑居マーケットの一部に兄弟4人で「ことぶき食品」を開業。団地で暮らす母親たちをターゲットに食品を販売し繫盛していたものの、大手スーパーの進出に伴い業績が悪化。そのため、商売を勉強しに兄弟でアメリカ旅行へ出かけ、日本ではまだ浸透していなかったファミリーレストランと出会う。帰国後、ひばりが丘団地にファミリーレストラン「スカイラーク」(後に平仮名表記に変更/ひばりを意味する英語larkが由来)を開業。1992年には1000店舗出店を達成し、外食産業のトップ企業にまで成長を遂げる。自身は子会社の株式会社ジョナスの代表取締役社長、会長、すかいらーくの取締役などを歴任し、2003年に兄弟全員と共に経営から退く。2006年にすかいらーく代表取締役会長兼最高経営責任者に就任し経営に復帰。2008年まで同職を務める。経営の第一線から退いた後も講演や外食店のアドバイザーとして活躍していたが、2013年に76歳にしてパンケーキを主役としたコーヒー店「高倉町珈琲」を開業。2014年に飲食会社の高倉町珈琲を設立し、郊外型喫茶チェーンを展開している。

(参考文献・出典:Wikipedia+Amazon.co.jp書籍紹介情報+月刊PHP/PHP研究所)

書籍一覧

主な関連書籍に『すかいらーく創業者が伝える「売れて」「喜ばれて」「儲かる」外食業成功の鉄則/エフビー』『外食産業を創った人びと 時代に先駆けた19人/商業界』などがある。

楽天ブックスで著書を検索 / Amazonで書籍を検索

横川竟の名言集

人生について

親は子が
失敗しないように育てる。

子も失敗しないことが
一番と思うようになる。

だから大半の日本人は
失敗しないことが
人生の目標になっている。

人生はつまらなく生きたら
つまらないものになるよ。

60歳を過ぎたって
仕事で能力を発揮しなきゃ。

社会は激しく
変化していくけど

人間を支えている
心のありようだけは
変わらないんだよね。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る