中辰哉の名言

中辰哉のプロフィール

心を誘導する技術 中辰哉

中 辰哉(なか たつや/男性)は、京都府京都市出身のマジシャン、コミュニケーションコンサルタント実業家。株式会社一期一会プロモーション代表、芸名は「なか。たつや」。学生時代にボクシングでインターハイ3位の実績を持ち、もともとはプロボクサーを目指していたが、交通事故によりボクシングが出来ない体になってしまう。そんな時、母親に病室でもらったマジックの本がきっかけとなり、マジシャンとして第2の人生を歩み始める。マジック用品などを扱う玩具メーカー・テンヨーのマジックディーラーとなり、フルコミッションのマジック道具の実演販売を7年間経験。この期間にマジシャンのマギー審司に「デカ耳」を伝授し、大ヒット商品を誕生させる。その後、つんく♂にスカウトされエンターテイメント業界に進出し、マジシャンとして数多くのメディアに出演。また株式会社一期一会プロモーションを設立し、マジシャン育成・派遣、イベント企画、企業研修などを手掛けるほか、コミュニケーションコンサルタントとしても活躍している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+心を誘導する技術/ディスカヴァー・トゥエンティワン)

著書

主な著書に『マジシャンが教える 心を誘導する技術 営業も恋愛も就活もうまくいく/ディスカヴァー・トゥエンティワン』『「人見知り」な僕が「人タラシ」に変わる 魔法のコミュニケーション術/KADOKAWA』などがある。

中辰哉の名言集

夢・成功について

テクニックだけで
人の心を動かすことは
できません。

優れたマジシャンの条件は
自分の利益や
賞賛のためではなく

お客様にどれだけ喜んで
楽しんでいただけるかを
一番に考えています。

人間関係について

100%の純金は
非常に価値が高い。

ですが形を変えようとすると
壊れやすく
ボロボロになってしまいます。

ところがそこに
25%の不純物を入れることで
18金となり
様々な形に加工できる
物質になります。

これは人の心も
同じではないでしょうか。

100%他人のために
生きることは素晴らしいですが
壊れやすく
ボロボロになりやすい。

「他人のため」に
「自分のため」を25%ぐらい
入れてあげる。

壊れやすい純金の心ではなく
柔軟な18金の心を
目指してください。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る