Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
小出義雄の名言 | 地球の名言

小出義雄の名言

小出義雄のプロフィール

 小出義雄

小出 義雄(こいで よしお/1939年4月15日-/男性)は、千葉県佐倉市出身のマラソン・中長距離走指導者、元陸上競技選手。千葉県立山武農業高等学校を卒業後、家業であった農業に従事していたものの陸上競技を続けたかったため、22歳の時に順天堂大学に入学。選手時代には箱根駅伝に3年連続出場したほか、関東インカレで3位の成績を残した。大学卒業後は教員の道へ進み、千葉県立長生高等学校や千葉県立佐倉高等学校、船橋市立船橋高等学校で教鞭をとる。1988年に教職を辞してリクルート・ランニングクラブ監督に就任。1997年に積水化学工業に移籍し、女子陸上競技部監督に就任。2001年にスポーツ育成団体・佐倉アスリート倶楽部(SAC)を設立。これまでに有森裕子(バルセロナ五輪2位/アトランタ五輪3位)、五十嵐美紀(バルセロナ五輪代表)、志水見千子(アトランタ五輪4位)、鈴木博美(世界陸上優勝)、高橋尚子(シドニー五輪優勝)、千葉真子(世界陸上3位)、新谷仁美(世界陸上5位)など多数の選手を育成した。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+君の眠っている力を引き出す35の言葉/すばる舎+君ならできる/幻冬舎)

著書

主な著書に『マラソンは毎日走っても完走できない 「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ/KADOKAWA』『小出義雄のマラソンの強化書 初・中級ランナー向け/KADOKAWA』『知識ゼロからのフルマラソン入門/幻冬舎』『30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法/KADOKAWA』『君の眠っている力を引き出す35の言葉/すばる舎』『Qちゃん金メダルをありがとう/扶桑社』『夢を力に 大化けの方程式/ザ・マサダ』『小出監督の女性を活かす人育て術/リヨン社』『愛のコムスメ操縦術 彼女たちをやる気にさせる方法/集英社』『高橋尚子 金メダルへの絆/日本文芸社』『君ならできる/幻冬舎』『へこたれるもんかい/幻冬舎』『ゴールへ駆けたガキ大将 女子マラソンに賭けた夢/東京新聞出版部』『育成力/中央公論新社』などがある。

小出義雄の名言集

仕事・経営について

一つのことに打ち込んでこそ
いい仕事ができる。

夢・成功について

逆風は君を潰すためではなく
飛躍させるために吹く。

焦らなくていい
大きな山は
ゆっくり登れ。

私の教え方は
夢と希望を持たせることです。

「勝てるよ、世界一になれるよ
お前なら絶対出来る!」と
毎日誠心誠意言い聞かせると

心が通じて人間の脳は
「なるほどな!」
となるわけです。

どんな世界であってもいい。
好きなものを一つ見つけなさい

そして、夢を失うことなく
最後まで持ち続けなさい。

夢を持ち続ける限り
心も体も
若さを保つことができます。

他人を超えるには
自分独自のやり方、考え方を
実行しなければならない。

何か一つのことを
やり遂げようとしたら

ある程度、信念を持って
貫かなければ
成功しない。

もしかしたら
非常識だと言われるかも
しれません。

しかし非常識も正しければ
結果は出ます。

結果が出れば
それが常識となっていくのです

大胆さと緻密さの
両方が必要。

怖がっていては
何も始まらない。

人生について

元気な挨拶こそが
充実した一日を
約束してくれる。

人間はやはり
悔しい思いも
経験しなければダメだと思う。

悔しい思い出の数だけ
人としての力が増す
と言ってもいいかもしれない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る