パウロ・コエーリョの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

パウロ・コエーリョのプロフィール

パウロ・コエーリョ
著書一覧

パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho/1947年8月24日-)は、ブラジルの小説家作詞家。作詞家として活躍した後の1987年に、『星の巡礼』(O Diario de um Mago)で小説家デビュー。1988年に発表した「アルケミスト」が世界的なベストセラーとなり、38ヵ国以上の言語に翻訳され、世界各国の文学賞を受賞。日本でも人気のあるブラジル人小説家の一人であり、1998年発表の「ベロニカは死ぬことにした」は、2005年に映画化(主演:真木よう子)、2012年に舞台化(主演:西条美咲)もされている。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「星の巡礼/1987年」「アルケミスト – 夢を旅した少年/1988年」「ヴァルキリー/1992年」「ピエドラ川のほとりで私は泣いた/1994年」「第五の山/1996年」「ベロニカは死ぬことにした/1998年」「悪魔とプリン嬢/2000年」「11分間/2003年」「ザーヒル/2005年」「ポルトベーロの魔女/2006年」「アリフ/2011年」などがある。

パウロ・コエーリョの名言集

一つだけ
忘れないで欲しい。

あなた方はみんな、
自分で思っているよりも、
ずっとすばらしいということを。

船は港にいる時
最も安全であるが、
それは船が作られた目的ではない。

子供は常に、
三つのことを大人に教えることができます。

理由なしに幸せでいること。
何かでいつも忙しいこと。
自分の望むことを、
全力で要求する方法を知っていること
の三つです。

人生の一つの段階が
終わった時を知ることは、
いつでも必要なのだ。

必要がなくなったのに、
それにいつまでもしがみついていると、
君は人生の喜びと
人生の意味を失うだろう。

人生の戦いはすべて、
僕たちに何かを教えてくれる、
敗北でさえもそうなのだ。

人生の意味とは、
自分がやりたい
と思うことをすること。

今、沢山の人々が、
生きるのをやめています。

この人たちは怒りもせず、
泣きもせずに、
ただ、時間がすぎるのを
待っているだけです。

人生の挑戦を
彼らが受け止めようとしないので、
人生はもはや、
彼らに挑戦しようとしません。

あなたも、
その危険をはらんでいます。

人生に反応し、
立ち向いなさい。
生きるのをやめては
いけません。

他の人々の意見を気にせず、
自分の心が望むことを感じる
それこそが自由だった。

人は、自分の必要と
希望を満たす能力さえあれば、
未知を恐れることはない。

夢の実現を不可能にするものが、
たった一つだけある。

それは失敗するのではないか
という恐れだ。

パウロ・コエーリョの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


関連記事


スポンサーリンク


バックナンバー


▲ページトップに戻る