竹内一郎の名言

竹内一郎のプロフィール

女性も見た目が9割 竹内一郎

竹内 一郎(たけうち いちろう/1956年5月24日-/男性)は、福岡県久留米市出身の漫画原作者、著述家劇作家演出家評論家。横浜国立大学在学中に劇団「早稲田小劇場」で鈴木忠志に師事。1981年に山崎哲らと劇団「転位・21」を立ち上げ。1983年に劇団「オフィス・ワンダーランド」を自身で旗揚げ。劇作家・演出家として活躍する一方で雀士としても知られる小説家・色川武大(阿佐田哲也)に私淑し、色川武大の語録やギャンブル論に関する著作をさいふうめい名義で多数発表。またギャンブルを主題とした漫画原作も数多く手掛けた。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報+優柔不断は得である/扶桑社+今すぐなれる「見た目」美人43のルール/マガジンハウス)

著書

主な著書(竹内一郎名義)に『人は見た目が9割/新潮社』『やっぱり見た目が9割/新潮社』『人は見た目が9割「超」実践篇/新潮社』『なぜ私たちは他人の目を気にしてしまうのか/三笠書房』『その癖、嫌われます/幻冬舎』『就職活動を勝ち抜く見た目力 面接試験に必ず通るための自分を見せるマル秘テクニック/アスペクト』『「声」は見た目よりものをいう/潮出版社』『優柔不断は得である 人生の損益分岐点の考え方/扶桑社』『ここ一番に強い男、持ってる男/PHP研究所』『ツキの波/新潮社』『修羅の人間学 我がままに生きる/メディアファクトリー』『見た目で選ばれる人 言葉より先にあなたは伝わる。人間関係が楽しくなる小さな習慣/講談社』『女性も見た目が9割 美人に見える43のルール/マガジンハウス』『今すぐなれる 見た目美人43のルール キレイに見えるには隠れたルールがあった/マガジンハウス』『運を強くする心の法則 これが運を味方にする人の共通点/PHP研究所』など多数。

竹内一郎の名言集

人生について

人間は本能として
何かに中毒する。

理想は
修正していい。

ダメだったら
撤収すればいいだけ。

止まらないと
見えないことだってある。

人間関係について

自分の欠点を隠したい気持ちも
分からなくはありません。

でも自分を見せない相手を
受け入れるのは
なかなか難しいことです。

どんなに頑張っても
「無理」や「建て前」の関係は
続きません。

長く付き合いたい
付き合える相手というのは

お互いにグチが
言い合える相手です。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る