酒井穣の名言

酒井穣のプロフィール

きみたちはどう迷うか 酒井穣

酒井 穣(さかい じょう/1972年-/男性)は、株式会社BOLBOP代表取締役会長やフリービット株式会社非常勤取締役・人材戦略研究所所長などを務める実業家、ビジネス書作家。東京都出身。慶応義塾大学理工学部卒業、ティルブルフ大学MBA首席卒業(オランダ)。商社に勤務した後、オランダで約9年間を過ごす。2009年に帰国しフリービット株式会社(東証マザーズ上場)の取締役に就任。2013年に株式会社BOLBOPを設立。事業構想大学院大学特任教授や琉球大学非常勤講師、NPOカタリバ理事なども務めるほか、著書も多数発表している。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報株式会社BOLBOP公式HP+新しい戦略の教科書/ディスカヴァー・トゥエンティワン+きみたちはどう迷うか/大和書房)

著書

主な著書に『はじめての課長の教科書 日本の組織を強くする中間管理職のスキル・心構え・戦略/ディスカヴァー・トゥエンティワン』『ビジネスでいちばん大事な心理学の教養 脱サラリーマン的思考のキーワード/中央公論新社』『これからの思考の教科書 論理・直感・統合ビジネスに生かす3つの考え方/光文社』『あたらしい戦略の教科書 現場リーダーのために実行から逆算した戦略のエッセンス/ ディスカヴァー・トゥエンティワン』『日本で最も人材を育成する会社のテキスト/光文社』『部下が働かない本当の理由/朝日新聞出版』『料理のマネジメント キッチンを制する者がビジネスを制す/CCCメディアハウス』『ご機嫌な職場 職場コミュニティー再構築の方法/東洋経済新報社』『リーダーシップでいちばん大切なこと/日本能率協会マネジメントセンター』『君を成長させる言葉/日本実業出版社』『きみたちはどう迷うか これからキャリアを築くために必要なこと/大和書房』『幸せの経営学 よい未来をつくる理論と実践/日本能率協会マネジメントセンター』『ビジネス英会話のプロがやっているシンプル英語学習法/PHP研究所』『英会話ヒトリゴト学習法 英語を話すもうひとりの自分(アルターエゴ)がビジネス思考を変える/PHP研究所』『ビジネスパーソンの父が子どもたちに伝えたい 21世紀の生き方/ディスカヴァー・トゥエンティワン』『はじめての課長の教科書 課長にもプロとアマがある/ディスカヴァー・トゥエンティワン』などがある。

酒井穣の名言集

人生について

人生は選択の連続で
つくられている。

手持ちのカードに
正解はあるか?

生きている限り
迷いは消えません。

できること
やりたいこと
すべきこと。

この三つの重なりを求めて
悩み苦しむことから
逃げてはいけない。

「今の自分にできること」を
ただ選びとっていくだけでは

私たちの人生は
確実に縮小していきます。

夢・成功について

戦略の要点は
「実行」にある。

突き抜けた人たちは決まって
「他人からどう見られるか」
なんて気にしていません。

仕事・経営について

ワクワクすることを
仕事にした人は強い。

真面目で一生懸命
…それで?

評価はプロセスではなく
成果で評価されます。

愚痴の世界の住人から抜け出し
世界を変える主体としての
責任を自覚したとき
人は本当の社会人になる。

人間関係について

まず自分を磨かないと
相手にしてもらえません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る